Accord4312さんの「つよきす」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

表題通りの中身か、と言われるとちょっと違う。むしろ、存外にいろんなジャンルのヒロインを詰め込んでいて、よほどニュートラルにお話を読めるタイプでもなければ、ルート間の好き嫌いが非常に強く出る作品なんじゃないかと思います。どのルートも出来は良いのが救いですが。パロネタ等が多いというのはありますが、個人的にはわからないと話の意味も分からないとかそんなわけではないように感じましたので、今プレイしても面白い作品なんじゃないでしょうか。ぼく、よっぴーすき。よっぴー飼いたい。なんでエリカが飼ってるの。なんでぼくに飼わせてくれないの。ねぇ、飼わせてよ。ねぇ、ねぇ、ねぇ。 長文部分は雑メモです。
つよきす
→やってなかったんです、今(2019年7月23日)まで。やります。

攻略順
蟹沢きぬ→大江山祈→鉄乙女→霧夜エリカ→佐藤良美→椰子なごみ

蟹沢きぬ 76
→なんというか、青春ですよね。主人公のうじうじした思考は、そら腹立つといえば腹立つけど、今が大事って考えてる十代青少年の思考って、正直こんなもんだよねって感じだし、そこはそれなりの物語として面白く見れるかなって思います。
このカニ、剥くか。
※このルートは、スバルとカニが本当に魅力的な人に描かれていると思う。レオがじゃあダメか、って言われると、あくまで相対的に、ってだけで、登場人物としてはなかなかいい感じにヘタレ感出ててよかったので、ダメではないとは思うんですけれど。少しでもしっかり動かない主人公が気になる人だと、ダメなのかなぁとも思いますね。

大江山祈 72
→なんとなく、なんとなく。何も解決しなくても、なにも感動を得られなくたってそれでいい。退廃的かもしれないけれど、それでいいんだ。だって、えっちだもの。えっちなげーむでえっちだったら、それだけで最高だもの。

鉄乙女 80
→この、おねえちゃん、かわいい。タカヒロ作品のおねえちゃん、というと、やっぱり、こういうお姉ちゃん。それなりに古いオタクになってしまったから、えっちなげーむでお姉ちゃんというとこういう子がベストって形に刷り込まれてしまってるのがよろしくない、非常によろしくない。いいぞもっと、これからもこういうお姉ちゃんを所望する!!

霧夜エリカ 80+1
→タカヒロ作品のおねえちゃんじゃないヒロインってどんな感じ? って言われたら、多分こんな感じ。これが強気っ子だよ。そうだよ。そうなんだよ。
※よっぴーの件も、当時からすれば衝撃だったのだろうけれど、そこから14年がたち、様々な作品が世に出た今となっては、まぁそうだよね、っていう感じ。ただ、一周回って、逆に今ではいい子ちゃんを貫くタイプのヒロインの方がまた多くなってそうな印象ですが(勝手)
※+1点はバッドエンドの良さでの加点。

佐藤良美 88
→うん、ぼく、よっぴーすきだよ、よっぴーだけみるよ、うん、よっぴーだけみるよ。
……そんなままでは終わらない、そんなままでは終わらせない。そんな話としてしっかり組み上げてくれているので、話として読み応えのあるものになっているんだと思う。
あくまで、どこかおかしくなってしまった女の子との恋愛を描いているのであって、病んでる女の子との恋愛を描いているわけではないようにみえるから、ヘラってる女の子が純粋に好きで、それをよっぴーに求めてしまった人にとっては、何か違う感じが残ってしまうんだろうけれど。正直、病みは傍から見て異常であるからこそ魅力的なのであって、その当人が病んでいる人になりたくてなっているものじゃないというものだから。そんな本人に幸せのカタチを主人公が提示してあげる、本人は、本当に欲しかったものを自分で考えて、選び取る。
いいよね、こうやって、ちゃんと向き合うんだから。囚われのお姫様を救い出す王子様のお話みたいに、たくさんの冒険があるわけでも、たくさんの苦労があるわけでもない二人の話だけれど。自分を表わせなくなってしまった彼女をしっかりとそこから救い出す主人公のお話って、まさしくおとぎ話みたいな感じで、なんか、こう、「イイ」よね。
語彙力が失われてて、なんか気の利いたこともろくに言えない状況なの、悔やまれる。とにかくぼくは、こういう感じで、真剣に女の子と向き合っているのが大好きなんです、はい。
※バッドエンドの方がバッドらしくない、というか、悲壮感もないのは面白いわね。

椰子なごみ 80
→自分では大人なつもりで突っ張ってても、結局は、周りのことが何にも見えていない子供でしかなくて。でも、色々失敗して、気づいて行ければ。そんな失敗なんかも気にならなくなるくらいには、成長して大人になっていけるはずなんですよね。だって、みんなを取り巻く世界は、存外に、優しいんだから。
→なんて書けばいいのか全然わかんないんですけど、いい話ですよね、本当に。いちいちエロゲでそんな話せんでもええやんけ、といいたくはなりますけれど、これはこれですから。素直にいい話ですと、そう言っておけばいい。そう、ぼくも少しは大人になったんです()

------------------
点数
(76+72+80+81+88+80)/6
=79.5
≒80
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい61回くらい参照されています。