アミーゴさんの「ef - the first tale.」の感想

これまでよりも更に独創的な作品展開。ユーザーの期待を必要以上に高める、繊細な演出表現とグラフィック。それぞれの「商品」を「金儲けの道具」にまで貶める漫画先行発売と本編分割。それら総ての要素がひとつの焦点を結び、minoriという“悪徳ブランド”を創り上げてゆく ―― そのユーザーに対する不誠実さとあざとさ、そして“俺たちは凄い物を作っている”というminoriスタッフの困った自己陶酔を、本作『ef』は描きます。
オナニー、自慰、マスターベーション。
この作品を表すのに適した言葉が他にあるだろうか?

演出に力を入れようとしているのは認めるが、肝心の魅せるべき中身があまりにもお粗末な為、何の価値も持ち合わせてはいない。演出はあくまで演出である。それ以上でもそれ以下でもないという事を製作者は良く理解すべきだ。

また全体としてクオリティの低さが目立った。無論、普通のエロゲとして世に出したならば十分に胸を張れるレベルなのだろうが、minoriの言う所の映画的手法とやら。それを取り入れた為に全てを駄目にしてしまっている。
サウンドノベルとしてなら確かに優れているかもしれない。しかし、映画的だなどといえるほどのクオリティなど何処にもない。結果、「優れたサウンドノベル」に成り得たこの作品は「下手な映画の出来そこない」に成り下がっている。
目指した物と、自らの実力にあまりにも大きな溝があったというべきだろうか。

最高の素材を間違ったレシピで駄目にした。
latter taleには何も期待しないでおく。
希望とは人類が罹る最後の病だそうですから。

この作品で得られた物は一つ。minoriというブランドの病理である。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい3196回くらい参照されています。