milk.sさんの「sense off ~a sacred story in the wind~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

日常部分は冗長。詰まらない展開が続く。最後までプレイすると、読み手によって、名作にも駄作にもなりやすい作品だと感じた。理系向けの作品だと言われることが多いですが、その知識が無い・自分が文系だからと言って避ける必要は無いと思います。
日常部分は本当に退屈で、読み進めることが難しく、各ヒロインのルートの中盤以降に読ませる展開になるまでは詰まらないと感じていた。それから一人、二人…と物語を読み進めていく内に、研究所に集められた人間たちの素性が判明していく。何か一つの枠に囚われずに展開していく様は面白く、読み進めることも容易であった。

しかし、作中における言わばシリアスパートはとても短い。プレイした時間の内、退屈だと(私は)感じた日常部分が大部分を占める。その日常の描写に伏線が散りばめられていれば、自分の中では高評価にも繋がっただろうが、主人公を含む登場人物たちの能力の片鱗を見せられるだけだったように思う。無駄な部分が多い。
この作品でエロゲなどのADV(ノベルゲー含)に初めて触れていたならば、日常部分に関しては「こんなものか」と思い、その後の展開に熱中して、絶賛していたかもしれない。

実際は、ある程度先の展開が読めるくらいには慣れてしまっていて、驚きといったようなものはあまり無い。
登場人物達に特段の魅力を感じていれば、後半の展開にもまた違った感想を抱いたかもしれないが、転生を繰り返した内の一人として考えると難しいだろう。C子ルートでは彼女と主人公の前々…世が描かれるので、人となりを捉えやすく、高評価に繋がるのも納得できる。美凪に関しても、初めて共生関係を結んだ相手なのでヒロインとしての魅力は感じた。ただ、それまでだった。

エピローグからthe end of the world・スタッフロールまでの流れは、birthday eveの素晴らしさも相俟って、秀逸。そこだけを切り取ってみれば、バッドエンドからハッピーエンドへと唐突に変化したと感じるだろうが、読み手にはそれまで各ヒロインのルートを読み進めてきた知識の蓄えがあり、行間を読み、ただのハッピーエンドだと思わなくなる。
ルートによっては空白(どうしてそうなったか簡単には察しがつくが、確実性も無く、過程の描写もほとんど無い)が多く、行間を読むことに読み手によって良くも悪くも幅ができそうだと感じた。



この作品の中では、エンターテインメント性も、作者が訴えたいこともほとんど感じられません。他の方がおっしゃるように、現状提起だけして、後はご自由に。
「お前、皆とセックスしたいと思ってるのに頭ん中で考えてるだけでいいのか。肉体は要らないんか。」
言うなれば、こんな感じですかね。この作品の終わりがeveで、そこから私たち自身が考え、行動するときがbirthday。あくまで私の感覚ですので、悪しからず。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい291回くらい参照されています。