naritatoさんの「Silhouette」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

テキストとシステムは悪い。主人公の態度や言動が気に入らない。包容力のあるヒロインと、一風変わったシナリオには惹かれた。
■テキスト
-------------------------------------------------
ただ一人になりたくなくて、僕を気遣ってくれる人
が僕から離れて行ってしまうのが怖くて、だから無
理にでも捕まえようとする僕の我侭だと言う事
-------------------------------------------------
を……。
-------------------------------------------------

上記のように3行に収まっていない文章が目立ち読みにくい。

>水無瀬先輩は今のところ、この学園で僕が気軽に話せる、数少ない人のうちの一人
>とても嬉しそうな顔で小走りに走り去っていった。
>九の字に体を折り曲げ、息も絶え絶えで
>視線を固定されたまま、まんじりとも出来なかった。

重複表現や誤変換も多い。真面目に読むと疲れる。

■シナリオ
・主人公
クラスで浮いた存在で「氷の魔王」と呼ばれている。
クールというより、単に人付き合いがまともに出来ない人物。
妙に上から目線の接し方も気に食わない。ただ、この設定にはシナリオ上の意味があった。

・唯、耀子、明日菜
本筋に絡まないサブヒロイン3人。
全員年上で、「先輩」「子持ちの人妻同級生」「担任」にあたる。

彼女らはそれぞれ、主人公に「シルエット」を見出している。
唯は「押し殺した自分」、耀子は「亡くなった夫」、明日菜は「元彼」と主人公を重ねている。
主人公がヒロインの支えになっていると感じたが、後から思いなおした。詳しくは後述。

・麻弥
一方的に愛を押し付けられた最大の被害者。
催眠がなければ主人公と付き合うことはなかった。彼女の発言がそれを証明しているのが皮肉。

・佳純
義姉。血が繋がっていなくとも、主人公の良き理解者だった。
彼女に関する伏線は見事。

・玲美
真のヒロイン。
自分と麻弥を勘違いしている主人公に対して、平然とした顔で接するのは辛かっただろう。


催眠の影響を受けていないと断言できるヒロインは玲美だけ。他の登場人物は催眠の影響を否定しきれない。
自分は全員影響を受けていたと考えている。そうでないと主人公が惚れられる説明が付かない。唯を例に挙げる。

唯が掃除中の教室に主人公がパン屑を撒いたのが、出会い。
行動の理由は「唯に意地悪をしたかったから」……食べ物を粗末にして迷惑な行為を行う主人公のどこに惚れる要素があったというのか。


■余談
名前の意味について
・麻弥→まやかし?
・佳純→霞?

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい242回くらい参照されています。