akann0721さんの「らくえん ~あいかわらずなぼく。の場合~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

パッケ版を7200円で購入。「堕落する準備はok?」などのエロゲ界屈指の名台詞あり。会話のテンポもよく割とサクサク進められる。下品なネタやパロネタ満載だがパロネタとかを多用してくるのが苦手な私でも楽しめた。私はただ消費するだけのエロゲユーザーでしかないので、リアルな業界の裏事情のようなものを垣間見れたのは新鮮だった。
プロローグが時系列的に分岐点になるあたりから始まり、そこに至るまでの経緯を選択肢を選んでいくことで見ていく構成。
プロローグで描写されていたあたり以降は個別っぽい。
個別も割と淡々とした文章で無理にシリアスを入れないような手法もなかなかよかった。



ここからはネタバレ全開で各√ごとにオナニー感想を















紗絵√ 適当に進めていったら紗絵がいきなりメキシコ人に寝取られた。
私はこういう展開はむしろ好きだが、これ今やったらユーザーに叩かれるだろうなあと思った。
主人公視点だとNTRのように感じるけどメキシコ人視点だと攻略してエッチまでした娘がさえないやつに寝取られる展開だしむしろNTLゲー? 
こう考えたらメキシコ人がちょっとかわいそうに思えた。
エロゲ制作についてはなんとなくで終わっている。
そもそもこの2人はなんとなくな人生を歩むことをなんとなく尊重している感じなのでなんとなく大事なイベント関係を済ますのも軸がぶれてないともとれるか。


杏√ あまり記憶に残らない内容。
主人公がまたもや激しくへたれる。
まあこの作品はこういう主人公じゃないとダメだけど
。いきなりリストカットしようとしてたのが印象的。
もう少し亜季を話に絡ませて欲しかった。


可憐√ とてもよかった。
可憐側の事情はほとんど描かれないが「僕」視点だしまあこんなもんかなあと。
主人公がヒロイン側の事情に過度に首を突っ込むのはあまり好きじゃないし、やりたいことをやりとげ「はい、お別れ」という展開も思い切りが良くて好き。
最初から最後までスッキリ終わらせられてよかった。


亜季√ 亜季の成長物語。
思春期のやりたいことへの挑戦や現実の厳しさなどが淡々と描写されていく。
杏√とは対照的に「らくえん」から旅立ち、前向きな堕落の道を徹底的に突き進むことを亜季が選んでいく。杏√よりも主人公と杏と亜季の3人の距離感や心理がより詳しく描かれていたように思う。


みか√ 終盤まで特にシナリオに起伏もなく進んでいく。
終盤ではこの作品がゲーム内の登場人物たちの実話をもとに、彼らが作ったゲームだったということが明らかになる。
こういうメタ視点もなかなか新鮮で面白かった。
この作品を出したあとメーカーがなくなったのももしかしたら・・・という深読みを他のユーザー同様してしまった。
ちなみに、みかさんは個人的にこのゲームで1番好きなキャラ。
ダメ系お姉さん最高。
エロもとてもよかった。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい522回くらい参照されています。