teisibounyuuさんの「書淫、或いは失われた夢の物語。」の感想

ネタ自体は途中で気づく人も多いと思う。が、むしろストレートにメディアを活かしたアイデアと構成が光る秀作。ネタがばれた時点で色褪せてしまう凡作とは一線を画す(個人的にこれはゲームに求める大きな課題)。見た目が貧弱だし(好意的に見れば、むしろこの程度で正解)快適さを損なうほどの難易度はマイナス評価されても仕方なしか。「館」「心」このキーワードが個人的にツボ。
なんか変わってるゲームだよ、と聞いて買ったゲーム。構成の妙とアイデアがミソのゲームです。
しかしながら、開始早々おおよその骨組み自体は解ってしまう方が多いのではないかと思います。(隠して、あっと驚かそうとしてませんし)
ですが、そこで一発ネタで終わらせないのが良いところ。無機質な機械仕掛けの世界かと思いきや、次第に人間臭さをおびてきます。
単なる一発ネタ(しかも必ずしも斬新でない)で終わるゲームだったら、好意的な評価はしなかったと思います。メンドイし。
その試行錯誤の過程は無茶な難易度(たとえ構成上意味があったとしても)、ぶっきらぼうなテキストなど演出面の弱さは
ありますが、あまり派手にできないのも確かなので、この辺のバランスは難しいところです。
電波で狂ったゲームだよ、と聞いて買った『雫』が、実は狂ってないゲームで、しかも妙な懐かしさと暖かさを内包していた
(それに絵はともかく18禁としてしっかりエロい)……当初の予想と相反する感覚を思い出させてくれたゲームでした。ちょっと例えが強引ですが。
あくまでも地味な小品程度でしかないし、特別に楽しい物でもありませんし、ましてや涙を流しての感動
などもありません。見かけたら一回やってみても良いかもって程度にオススメ。なんか物珍しさに過大評価されがちなタイプの
作品でもあると思いますから、あんまり期待せずに気楽にどうぞ。抜きゲーなえちぃシーンは期待できません。
単に受け身でだらだら味わうんじゃなくて、一体となって築き上げることの良さがあると思います。難易度
が劣悪なのでスムーズに伝わらないのが問題ですが。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい449回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。