akann0721さんの「めぐり、ひとひら。」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

主人公がゴミで不快

こまが倒れて昏睡した章は特にひどかった。自分だけが辛いという顔をして、周りにマイナスな気持ちを撒き散らすだけ撒き散らして自分は何もできない、しない無能。

そのような中、「自分だけが辛い顔してんな!」と頬を引っ叩いた千草さんが聖母に見えた。ここで溜飲が下がったから。主人公の痛々しさにあやうく投げてしまうところだったので。

あと全一に対して「こりすはこまがいなくなって喜んでたんじゃ」って言ったのはガイジだった。思ってても口には出せないでしょ……
それをポロっと言ってしまうというのは精神的に未熟すぎる。
「だからてめえの絵は評価されねえんだよ」と唾吐きかけてやりたくなった。
何処かで聞いた話だけど、優れた芸術家というのは精神的におかしい部分がある場合が多いらしい。この主人公、実は優れていたのでは(皮肉)。

しかし千草さんにまわりのことも考えるように注意を一度受けているにもかかわらず同じようなポカを繰り返すあたり救いようがない。

まあ定職にも就かず、プラプラとアルバイトしながら絵を描いているような人間だし、そりゃゴミだよね。本気で絵を描いているのかも怪しいし。

あと顔も気持ち悪い。
気持ち悪いのび太君みたいな顔。

でも、だからこそこりすを魅力的に描けたのかもしれない。
こんな何も取り柄がない男、つまり好きになる部分なんてほぼ見つからないのに、でも好きだと。理屈じゃないと。そういう説得力は持たせられていたと思う。






あと1つだけ気になったところが
こまルートの最後で、こまと紫姫が同じ顔をしている理由について、こまはわかった風に「鈍いなー」なんて言ってたけど、本気でわからないんだが。

紫姫は元々ああいう顔だったわけで。
その後の時代に生まれたこまと顔が同じ理由は語られた情報だけではわからなくないか?それとも僕がアスぺなのか?
主人公が最後の識神視の転生体だからか?
最後の識神視が惚れていた女と同じ顔をしたこまと「縁」によって出会ったということ?わからん!

クリア後の座敷牢で朱門先生が「あえて描かなかった」と言った例には挙げられていなかったが……。

座敷牢と言えば朱門先生がこりすについて語っていたけど、ようはこりすの夢の中の魔女が本当に彼女自身で、運命の相手が主人公で、決死の覚悟で人間となったということなんだろうね。こりすの想いの深さの理由はここにある。

新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい362回くらい参照されています。