nemuinekoさんの「CROSS†CHANNEL」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

特に好きなゲームというわけではないですが、名作と言われている理由は分かる気がします。
ラストの主人公のラジオ放送を聞いた時、私の頭の中には、否定的な考えが浮かびました。それは、「生きているよりも、死んだ方が幸せな事もあるのでは?」とか「世の中には、嫌な人間や悪い人間もいるわけで、他人と関わらない方が良い事もあるのでは?」という事です。例えば、死んだ方がマシだと思うくらい辛い人生を送っている人がいたとして、そういう人に無責任に生きろというのはいかがなものかと思うわけです。要するに、綺麗事を言っているように感じたわけです。
しかし、よく考えて見れば、この主人公自身も辛い人生を歩んできており、最後は一人だけになってしまいました。
また、主人公自身も主人公の周りの人達も、どこか壊れており、とて褒められた人間ではない。それでも主人公は、「生きてほしい」、「他人にいてほしい」と言っているわけです。彼は、ただそう思っているだけなのです。
こうなると、もう理屈の話ではないなと思いますね。この物語にどんな感想を抱くのかは、プレイヤー一人一人によって違うでしょう。
また、「人は一人で生まれて、一人で死にます」、「誰と仲良くしても、本質的には一人です」という主人公のセリフも、最後に彼が置かれた状況にマッチしています。そして、現実世界に帰った仲間達も、結局は一人なのです。彼らも他者と交わりながら、自分だけの人生を歩んでいくのです。
私はこのゲームをやって、特に感動したり余韻が残ったりはしませんでした。しかし、伏線回収や設定は見事だし、よく出来ている物語だと思います。深い物語で、考えさせられる物語だと思いましたね。ストーリー構成の上手さやメッセージ性など、名作と言われるだけの事はあるなと思います。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

nemuinekoさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい337回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。