ほげもんさんの「サルテ」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

77サルテ
面白かったけど、あと一歩
『人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇だ』

自分に因果のない悲劇って眺めるぶんには楽しいですよね。
それがフィクションであるならなおさら。
辛い思いをした主人公だからこそ、その後掴んだ幸せな結末がより映えるのですし。
バッドエンドであったとしても、誇りを持って過酷な現実に挑み続けた生き様を見せつけてくれたら
よく頑張った! なんて非道い脚本! でも好き! なんてころっと魅せられて喝采を贈りたくなります。

が、本作にはそれが足りませんでした。
端的に言うと、外野が茶々を入れすぎ。メタ発言多すぎ。
『希望もくそもない陳腐な脚本だよね? でもみんな悲劇って好きでしょ?
主人公はあくまで歴史にも残らない塵芥だし! 精一杯足掻いたとこもちゃんと書いたから許してね♪』
なんてゲスパーしてしまうほどには余韻が残らない残念な読後感となってしまいました。
似たような感想で言うと、ちゃんと物語として完結している本作と比べるのは大変失礼だけどうみねこに近い。
ライター買いでしたが、ダークな作風は久しぶりなので期待が大きすぎたのもあるか。

サルテが稀代の天才女優だと言うのなら、最後まで観客を気持ちよく騙して舞台から降りて欲しかったというのが本音です。
ネットのいかにもな体験談が作り話だと分かった瞬間にフェイクやめろ! とロム専が石を投げたくなるように
創作に甘んじた悲劇ほどつまらないものはありません。

あと、登場人物の掘り下げが浅かったかなあ……
どいつもこいつも、皮肉かもしれませんが台本を渡された役者のように一本調子なキャラたちばかり。
敵国の兵士は、わかりやすく不快感を与えるようにエロ同人よろしくゲス台詞を吐くだけの竿役。
ガルニエは最初から最後まで私利私欲で動くだけの、宿敵の役割を与えられた小物。
自作自演であってもクルーンは物語に介入しすぎ。
サロメはサルテの悲劇を盛り上げるためだけの三流悪役であり、引き立て役。
ジャンやマリーは誇りも挟持もサルテの語りによって否定され、役割を終えた後はひっそり舞台から去るだけの端役に成り下がります。
そしてサルテ自身も己の人生をつまらないものだと見下し、なんとか物語になるように脚本を構築して演じきっただけの人形に過ぎず。
(実際それを表しているのでしょうが)

エロシーンでマリーと『女の価値』を値踏みされ、思いがけず嫉妬する。
このくだりだけはサルテの人間臭さが感じられてよかったです。
ただ、休むまもなく犯され続けていればいずれ身体も感じるぜ! はんなわけねーだろとエロゲファンタジーを感じてしまったのでマイナス。

BADENDはヒント表示があるとはいえ、なかなか死亡フラグだとはラストに至るまで分かりづらい筋書きなのがライターさんの手腕を感じました。
処刑シーンがいくつかありますが、絵面的にそこまでグロくないのでリョナを求めると肩透かし食らうかも。
体験版のアイアンメイデンに耐えられたら大丈夫だと思います。

『どんな稚拙な脚本だったとしても、私が最高の舞台にしてあげる』
この言葉は脚本以外のすべてのスタッフさんへの敬意だと受け取りました。

テキストは読みやすく、声優さんは安定しており、絵は綺麗でエロく、システムは快適で使いやすく、演出も頑張っており、音楽も耳に残る旋律が多く美しい。
でも喜劇として楽しめたかというと別の話。
そんな作品でした。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい345回くらい参照されています。