明星さんの「懲罰予備校 全凌制」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

ブランド名・メーカー名が違うが、まんま「BLACK PACKAGE」の抜きゲーとみて差し支えない作品。いつも通りにHシーンありきの肉肉しい内容だが、各ルートで明確にシチュエーションが差別化されており中弛みはしづらい。調教系作品の醍醐味である堕ちるまでの描写についても、メインヒロイン2名は次第点ではないだろうか。ブラパ本家と同じく後ろ系のプレイが多めで、特化型ヒロインがいる点には注意すべきだが、今でも十分通用しそうな作品ではあった。
制作陣に「BLACK PACKAGE」のスタッフが多いが、中身もあちらとそっくりである。
シナリオは調教師の主人公が学園でヒロインを手懐けるという良くある調教もので、ルートごとにシチュなどが異なる作りになっている。詳細は以下の通り。

・明日奈ルート:羞恥系のプレイが多い。道中甘々になりかけるが、本作のドンである教頭の一喝で調教師としての使命を思い出す。エンディングは主人公の愛人になるもの、雌奴隷としてオークションにかけられるものの2つ。
・朋ルート:お尻系のプレイが多い。道中で憧れていた先輩と再会するが、彼女は既に教頭によって調教済みであり、そのまま堕ちていく。エンディングは愛人になるもののみ。
・明日奈&朋エンド:2人を交互に調教することで発生。朋が明日奈に脱走を持ちかけるが、全て筒抜け状態で再び調教され、共に廃人化する。バットエンド扱い。
・遊美子エンド:元々乗る気だった遊美子を調教し、彼女をパートナーとして明日奈と菜結花を服従させるルート。遊美子自身を屈服させるものではないので注意。

以上となる。
ブラパの抜きゲーらしくお尻系のプレイ、浣腸やスカなどが多め。
特に朋は前を使うシーンがほとんどないので注意。
また、BLACK PACKAGE XXXの「蹂躙」と比較すると、痛々しいシチュはほとんどない。
シーンごとの尺やボイス、絵などはクオリティ高めで、嗜好に合えば今でも使えるのではないかと思う。
ヒロインの心を折る過程はメインの2ルート(明日奈と朋)はそれなりに出来ているが、他のルートは短いか展開が早いのでやや物足りないか。

UIはいつものブラパのエンジンそのもの。
シーン回想モードが1日の初めから始まる点、個別で音量が調整できない点はマイナスだが、2003年当時の作品では使い勝手は良いほう。
音源で「CD-DA」を選択するとディスクレスでBGMが鳴らないが、「GM音源」「GS音源」にすることで聴くことができる。
メーカーによる推奨の設定は「GM音源」とのことだ。
なお、普通の学園系の凌辱作品なのに懲罰「予備校」となっているのは最後まで謎のままだった。

以上

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい75回くらい参照されています。