辛口屋さんの「母感 ~義母さんの子宮は誰のモノ?~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

タイム母感
各ルートはそれなりに仕上がってる。テキストもエロめな傾向だし、予定調和的なところはあるが無難なシナリオ。
義父とイケメンはまぁシンプルな展開。迫られてズルズル的な。押しに弱いヒロインなんで。葛藤しつつすぐ受け入れる。
ショタは前半の性教育的なムードは雰囲気に合ってて良かったし、中盤から一転ダークな展開に移行するのも良かった。
全体的な作風はインモラル系。即堕ちアヘアヘではないが、ヒロインが男に飢えてるので「ダメ・・・でも体が」みたいなノリ

基本CGは25枚。割り当ては義父9ショタ7イケメン8
プレイの内容は義父とイケメンは独占でシンプル。ショタは前半和姦後半輪姦。NTR系によくあるシチュは概ね搭載されてる。
塗りは良好だけど乳首の色が薄い気がする。構図も良好だけど乳の形や見せ方が微妙な時があった。

それにしても、男キャラの顔が変に目立ってた。義父は太ったみのもんた。イケメンは少女マンガ風。なんか微妙。
エロCGでの構図は、胴体をちゃんと描いて顔は鼻から下だけ写ってりゃ十分だと思ってる。目無しでもいい。要は目が気になる。
男の顔や目線に存在感があると何か気が散ってしまう。だからといって透明人間や禿げノッペラボー、稲中みてえな顔は論外だが。

義父は分かりやすいガツガツ系でまあまあ。義父とその息子とその息子親子三代にわたってヒロインに魅了されてしまうという。
イケメンもただやりたいだけが動機。しかも義父ルート同様に独占ってのは捻りがない。悪役色は強めだけど中途半端な存在。
イケメンルートなんていらねーから主人公ルートにすれば良かったんじゃないかと思う。本作は主人公との絡みは無し。
個人的にはショタルートのテイストはなかなか好みだった。ただ、どのルートもそうだがロープラ故に駆け足展開だった。

ラストシーンが三者とも似た様なオチになるので、もう少しルート毎のオチに変化が欲しかったところ。
NTR物としての目新しさはないが絵柄が気に入れば実用性はある。サクっと使うにはいい塩梅かもしれない。
同ブランドで同絵師の前作にあたる女忍者アズサほどのインパクトは無かったけどね。

辛口屋さんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい1993回くらい参照されています。