Medotsuさんの「少女グラフィティ」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

リアルな描写、退廃的な雰囲気が素晴らしい。こういう作風は他に例を見ない。それだけにエロが多すぎてシナリオが薄くなっているのが残念。実用目的でプレイしている人にとっては最高の抜きゲーなんだろうけど、シナリオと雰囲気を追い求めてプレイしている層からしたらエロが長すぎてテンポが悪かった。雰囲気はこんな感じでエロはここぞというところで有効活用してメインはシナリオっていう構成なら最高だったんだけど。まあそれだと最早少女漫画そのものだし本来の層が離れてしまうか・・・。とまあ不満はあるけど朱美がかなり可愛いから大体のことは許せる。全体的に暗いゲームだからこんなに良質な萌えが味わえたのはいい意味で誤算だった。
シナリオ
恋人を強姦殺人という惨い形で失い、その寂しさを埋めるために色々な娘と性的関係を持っている主人公が事件の真相を追ったり、あるいは事件のことは諦めて医学部受験を目指したりするそんなお話。全体的に話が暗く、主題のセックスは愛情の確認ではなく、逃避の為に行っているので退廃的な雰囲気の描写が濃い。登場人物もよくいるエロゲキャラと違い、現実にもいそうなリアルな思考のキャラが多く、エロゲというより少女漫画や青年漫画に近い。これがかなり自分の趣向と合致しているので評価ポイント。ただ、エロの描写がかなり濃密なのでテンポが悪い。この点の詳細は後述。

グラフィック
凄い。非のつけようがない、原画も塗りもかなり高いレベルにある。グラフィックだけなら今までやったゲームでもトップクラス。上手い絵はいくらでも見て来たけど、このゲームは背景も含めて全てがキレイで一切の妥協がない。抜きゲーでボリュームもそんなにないからマイナーだけど、大作のシナリオゲーでこれを発揮したら一躍有名になると思う。ここにとどまるのがもったいないくらい。

音楽
OP、EDともに作品に合った良曲だと思う。抜きゲーでも曲にこだわるのはポイント高し。

エロ
素晴らしいグラフィック、退廃的な雰囲気が合わさりヤバいくらいエロく仕上がっていてボリュームも凄い。抜きゲーとしてなら満点だろう。ただ、自分のように実用性を考慮しないユーザーにとってはこの点はマイナスでもある。主題がセックスだからちょくちょくエロシーンを放り込むのは構わないし、むしろ必要な演出だ。それにより物語が際立つ。だが、一度の回想で必ず2回は連続でエロが入る。酷い時には3回連続だ。逆の意味で回想数詐欺。しかも長い。これは流石にシナリオ上テンポが悪い。
特にオープニングの前後の一連のエロシーンは酷かった。
佐彩が強盗殺人犯の娘なのが発覚して3日3晩やり続けるあのシーン。オープニング前で2発、やっと終わったかと思ったらオープニング後に更に3発。流石にクリック連打もだるくなり、途中でスマホで動画を見てしまうという中だるみが発生した。
全部スキップしようかと思ったけどこのゲームはセックスが主題だからシーン中に重要な出来事あったら困るしずっとクリック連打で流し見スタイルだったから長すぎるのはきつい。
こんな風に書くとなんか酷評しているみたいになっちゃったけど、量がもう少し軽めだったなら普通に良かったと思う。普段あまりエロには言及しないけど、退廃的な雰囲気の演出が為されていて素晴らしかったし。

キャラ

佐彩
メインヒロイン。学年一の秀才でかなりの美人だが最近夜の街でよく見かけられるので援交疑惑がある。実は千歳を殺した容疑者の娘。

ルート概要
冒頭でいきなり主人公とセックス。その後はグラフィティアートを主人公と調査しながら要所要所でセックス。途中でグラフィティアートを書いているのは佐彩であることが発覚。容疑者の父親を現場におびき寄せるためにこんなことをしていた。一方で主人公は佐彩が部屋に忘れたスマホを使い、佐彩の父親と接触を試みる(地域一帯の風俗の元締めの佐彩父に対して売春少女の紹介をするという名目で)。そして、佐彩が父とついに接触。ナイフで殺そうとするが逆にナイフをとられる。そこに主人公乱入。ナイフで佐彩父の股間を刺し逃走。その後主人公が佐彩に伝えたいことがあるから学校に来てくれというが、佐彩はこれ以降学校に来なくなる。
そして一年後、二人は街で再開。初めて愛のあるセックスをし、終了。

感想
途中まではそこそこ面白かったのに最後で失速。父親を撃退した後の展開が急すぎる。
いきなり1年後に話が飛んでその間の経緯とか何で再び現れたとかそういう大事なところ全部省略してセックス中に告白して終了ってそりゃないよ。エンドロール流れる直前にゲーム冒頭のセックスシーンの前に二人が七夕の祭りで会った回想が流れるけど今それを入れてどうなるの?
それはルートの途中のどこかでやればいい事だし、他にリソース割くべきだろう。
それに、復讐の後処理が雑すぎる。股間にナイフ刺したのはレイプ犯に対するある意味最大の制裁だし、殺してしまうと自分も逮捕されるから泣き寝入りさせる形にとどめたのはいいと思う。
けど、いくら父親が犯罪者で警察に駆け込む心配がないからって二人とものほほんと仙台を離れないのは流石に危機感なさすぎるだろう。いや、佐彩は一年は離れたかもしれないけど結局最後は仙台いるし。これだといつ殺されてもおかしくないのだが。
仙台は東北だと頭一つ抜けた都会ではあるけどそれでも東京や大阪じゃないんだからいつどこで会うかわからない。その辺の統合性をとれないなら黙って父親を逮捕するところまで持って行って綺麗に終わらせてほしかった。
一方でルート途中のCGは素晴らしい。初めてのキスのシーンとか綺麗すぎてほれぼれした。
キャラが悪くないだけにもう少しシナリオがしっかりして居たらなと思う。

奈々
主人公のセフレ。他の2人に比べると地味だが主人公のためなら何でもする覚悟を持つ。

ルート概要
とにかくセックスのオンパレード。そして時々過去の回想が入る。
大きな展開としてはグラフィティアートを見に行ったら書いたのが奈々だと勘違いされて佐彩の父親につけられるようになり、主人公が奈々と期間限定で付き合うことで守ると決意。けど鬱展開発動してすぐ別れる。最後のグラフィティアートの場所に来た佐彩父と主人公が対峙。追い詰めようとするが車で逃げられそうになり、そこに奈々が割込み。身を挺して佐彩を止め、逮捕されるが代わりに奈々が死亡。エンディングでは主人公は会社の上司の紹介で結婚し子供も生まれるがこの傷は一生背負って生きていくことになるだろうで終了。

感想
一切救いがない。ここまでする必要があるのか?というくらい鬱。
本人は自分よりもスペックの高い主人公に恋して告白という普通の高校生なのに、千歳からも見下されるわ、主人公の都合のいい存在になるわ、果てに死亡とは・・・。
「私、普通に大学行って普通に恋して、普通に結婚して、普通の幸せを歩んでいくんだろうなって思うんだ」奈々が佐彩にやや自虐気味に言ったセリフだがこんな結末を迎えた今となってはどれだけこの幸せが尊いものであったか・・・。
ただ、このキャラは間違いなく作中で一番エロイと思う。
普段は地味なポジションなのに、主人公と普段からセックスしまくりのギャップが凄い。
制服着ているときはそんなに強調されていないけどパイズリできるくらい胸がでかく、容姿に派手さはないけど育っているところは育っているというところも。
主人公は常に生ハメ中出しだけどちゃんとピル飲んでるのもこの娘だけだし。
現実にもいそうな性格のキャラで、クラスで地味な娘に限ってやることはやっているというのを体現しているからリアルなエロさがあった。
だから実用目的の人にとっては美味しいキャラだろうね。
私的には鬱シナリオのせいでいい評価できないけど。しかも、さらに問題なのは鬱シナリオやるにしてもキャラの掘り下げが圧倒的に足りないから奈々が死んだ場面でも、「えー、死んじゃったよ・・・」くらいにしか思わなかった。感動とかが皆無なのは問題。
シナリオの結末も微妙ながらそれを魅せる経過も描き切れていないのは致命的。

朱美
主人公が脱落した今、学年2位の成績であり佐彩に負けないくらい美人な容姿を持つ学年の有名人。

ルート概要
かなり頭のいい主人公が朱美に勉強を教えることで徐々に仲良くなっていく。
ある日、勉強場所の選定に困っているところ、主人公が冗談で自分の部屋に誘ったらついてくる朱美。当然のようにセックスしてしまう二人。朱美は処女を喪失。
それからもセックスしたり勉強したりの関係が続くが、ある日佐彩が事件の犯人に殺されてしまう。深い悲しみに暮れる二人。特に主人公はまたしても助けられなかったとへこみ朱美とのセックスに興じる。しかし、そんな関係に我慢できなくなった朱美は別れを切り出す。しかし、自分から別れを切り出したにもかかわらず下校の道で主人公の後をついてくる朱美。何か用か?と尋ねると、私はそんな簡単に別れられる程度の女だったのか?と。朱美の決意に動かされた主人公は朱美と付き合う。その後はひたすら勉強、たまにセックスの日々。本気で朱美に惚れた主人公は必死に勉強し、朱美と共に大学現役合格。大学生活は一緒に暮らそうと主人公に言われ、了承する朱美。明るい未来を予測させるエンド。

感想
朱美が可愛すぎてヤバい。他の登場人物と違って一人だけ別の作品から抜け出して来たんじゃないか?というくらいこの作品の作風とマッチしない。他のキャラはそれぞれが心に傷を抱え、リアルな描写も相まって生々しさを演出しているがこの娘は違う。
過去に佐彩と色々あって気まずくはなっているが、他のキャラのような闇はなく佐彩が死んでもいつまでも引きずることなく主人公を立ち直らせようとする。主人公と正式に付き合うことになる場面がかなり健気。

諒「何か用か?」

朱美「私ってそんな簡単にお別れできる程度の女だったの?どうせ私と別れても他の女の子を傷つけるだけでしょう?あなたには私が必要よ。私と付き合いなさいよ。私なら他の女の子よりは強いから大丈夫よ」

諒「わかった、朱美と付き合うよ。」

この主人公にはこういう娘が必要だったんだね。他のヒロインのように傷のなめ合いをするのではなく、前に向かって一緒に進んでくれる娘が。

それからもひたすら朱美は可愛い。

主人公が自分の彼氏に相応しくないと友人に言われれば悔しいと涙を流し、勉強漬けでセックスがご無沙汰になったときにはバニー姿でコスプレエッチ、クリスマスに光祭りを見に行かないかと主人公に誘われた際には「二人で見に行くと別れるという言い伝えがあるから嫌よ。諒は私と別れたいの・・・?」と悲しむ、クリスマスプレゼントで安物のペアリングを主人公からもらったときには一生大切にすると感動で泣き出す、二人そろって1位、2位の成績が貼り出されて周りから羨ましがられている場面では得意げな表情になる、など。
また、表情もコロコロ変わり、ジト目の立ち絵とか笑顔の立ち絵とかとにかく可愛さが強調されている。
常に主人公のそばに寄り添い、落ち込んでいるときは前を向かせようとするなどポジティブな姿勢が健気でよかった。

ただその分、このルートはリアリティに欠いている。
・勉強を教えられたくらいで心を許しヤリチンだと知っていながら主人公の部屋にのりこみ処女を奪われてしまうちょろさ。
・医学生になるという目標がありながらセックスは常に生ハメ中出し。奈々のようにピルを飲んでいるわけでもない。
・実家がかなりの金持ちで高級マンションの屋上で一人暮らし
・友人が普段から敬語のお嬢様ぞろい。朱美自身も「きゅん」とか「きぃーっ!」とか口に出すレベルの前時代の口調。
・今まで処女のお嬢様なのに突然バニー姿で主人公を誘う。「何・・・それ?」「何って、バニー朱美よ」これは名言だと思う。
・丸1年勉強していないにもかかわらず、東大の理Ⅲという日本で最も難関な学部を現役で合格する化け物主人公(まあこれは現実にもこういう天才はいるか)

こんな感じ。でもはっきり言ってどうでもよくなった。
リアルさを欠こうが、本筋の強姦殺人犯の真相解明を放棄して全く関係ないことをしてようが、佐彩が死んでしまっているので全くハッピーというわけでもないという事実があろうが。
この作品で一番可愛くて主人公を立ち直させるという重要な役割を担う朱美がMVPだろう。

他のキャラ

諒・・・頭よし、運動万能、イケメン、数回連続で射精できるレベルの絶倫というチート主人公。顔はほぼ出ないが佐彩ルートのCGで顔が拝める。あー、こりゃ確かにイケメンだわ。男キャラもこれだけかっこよくかけるんだもん、そりゃ少女漫画っぽい雰囲気出てもおかしくない。朱美と並んだら美男美女でどっちも頭脳明晰って大学でも周りと比べてレベル違いのベストカップルだろうね。共通の時点で複数の女とやりまくって責任取る気がないというくずだけど、事情が事情だし不快なくずというよりもいろんな女を泣かせて来た悪い男といった感じ。いるでしょ、こういう人は悪くないけどナチュナルにタラシって男。まさにそれ。このスペックで影もあるってなったら女は惹かれてしまうだろうね。このくずさがこの物語には必要なのでぴったりの主人公かと。

須藤
強姦殺人事件の犯人。裏の世界の実力者らしいが迂闊な場面が目立つ。一人でグラフィティアートのところにホイホイ行くって集団で待ち伏せられてたらジエンドだろう。そもそもこれだけ非合法なことをしていながら決戦となるかもしれない場に銃さえ持って行かないのか?トヨタの営業所社員ですら上司への恨み晴らす為に散弾銃持ち出す時代に丸腰で娘と対峙する悪役とは如何に。
でも立ち絵、声ありなのはGOOD。

慎二
主人公の友人。
殆ど物語に絡まないが声や立ち絵があるのが素晴らしい。
しかも須藤と別の声優。この路線は維持してもらいたい。

千歳
須藤に強姦殺人された主人公の元恋人。
母子家庭の中頑張って勉強して来たのに、母親のせいで須藤に殺される悲劇の少女。
その境遇には同情できるし、自分の母親を風俗に引き入れた須藤の娘の佐彩を恨む気持ちもまあわからなくもない。本来、佐彩は何の非もないけど中学生にそれを理解しろというのも難しいし。
けどそれを除いても性格が悪い。
奈々ルートで佐彩が言った「千歳は奈々が北山君を好きなことを知っていて告白を勧めた。絶対報われないことを知っていながら。その後、身の程を知らない告白だよねと周りに言いふらしていた」という発言。これ、最初は佐彩が奈々の千歳に対する後ろめたさを和らげるために言ったと思ったんだけど、千歳は笑いながら「佐彩と仲良くしたら奈々はもう友達じゃないけどね」とか平然と言う女だから恐らく佐彩の言うことは本当なんだろう。
確かに奈々も千歳が諒と付き合ったとき「死ねばいい」と心の中で思ったと語っているが思うのと周りに言いふらすのはレベルが違う。
このキャラもリアルな描写が生々しい。女の怖さというか。
やっぱ彼女にするなら朱美が一番だね。

総評
エロはかなり力が入っているがシナリオが微妙。実用性を見出せる人じゃないと肩透かしを食らう。でも朱美は可愛い。だから萌えゲーマーでもそれなりに収穫はある。ただ、唯一の欠点はルートが短いこと。朱美単体でファンディスク出てほしい。朱美がいなければもう少し点数は落ちていただろう。ちなみにテキスト自体は読みやすくサクサク進んだ。

※ちなみに最近やったペトリコールと雰囲気がそっくり。系列ブランドではないらしいけど何かしら関連はあるだろうってくらい共通点が多い。特に舞台が仙台なところとか。
ペトリコールの方はわからないけど、MOREの会社は本拠地が仙台だから舞台になっているらしい。
北海道ならエウとかブルゲあるけど、エロゲ会社が東北に本社構えるって中々ないから応援したいなと思う。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい138回くらい参照されています。