nikurinさんの「キミに迫るオトメのレッスン」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

M男向きなので合う合わないが激しい
・購入前
可愛い絵で評判の良い抜きゲーだったので購入。
ずっとロリ抜きゲーばっかりやってきた俺だけど、最近は巨乳に凝ってる。
全員にボテ腹があるという点も強い購入動機。

の割に他の人のレビューのM男向きという文言の意味を理解していなかった……。


・ざっくりとした全体の感想
まあ、細かいところを言い出したらキリがないくらいクソでもあるが、抜きゲーなので評価にはあまり関係なし。
ただ何の面白みもないつまらない日常パートが個別ルートでも結構続いたのはかなりマイナス。
終盤でも話にオチをつけるためにカスみたいなシリアスが入るのもどうかと思う。
抜きゲーにしてはHシーンとHシーンの間のテンポが悪く、作品の雰囲気があまり良くなかったなという印象。


・良かった点
立ち絵のおっぱいがやたらとエロく、とても感心した。


・悪かった点
共通が特にM男向き。
主人公の人権は基本的に無視で、アナルにローター仕組まれたり、貞操帯をつけられたり、ちんぽを弄ばれたりする。
笑えたり、抜けた人もいたみたいだけど、俺は笑えなかった。

こんなの、性的ないじめじゃん……。
俺はここからヒロインの魅力を見出すのは難しかったよ……。

こういうのを笑って済ませて、勃起できるとか、今作に高評価をつけてるユーザーは素直に凄いと思う。
まあ、本気でMユーザー向けに特化してるんだろう。


・個別ルートとHシーンの傾向
日菜乃と葵は若干射精管理気味。そのくせ自分の都合でよく行為も迫ってくる感じ。
両者の違いは性格と口実の傾向がかなり異なる。

里穂は弄び系お姉さん。
気分で迫ってきて、好き勝手されて、主人公が喘ぐのが多い。

と、4人中3人はやはり、かなりのMユーザー向き。
自分はやはり苦手だった。

琴音はこの作品唯一の貧乳かつ普通にラブラブな感じ。
公式ではマゾと書いてあるけど、別にそんな印象はない。

琴音だけは使えたけど、何故、今作に琴音が混ざってるのかはよく分からなかった。


・点数をつけた理由
本当は60点を付けたかったけど、
自分の性癖に合わなかったからかといって、そんな低い点数を付けるのもどうかと思った。
でも、シナリオのテンポの悪さとか粗は多いので、70点代は無理。
そんな感じ。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい106回くらい参照されています。