kugyuiroさんの「眠れぬ羊と孤独な狼 -A Tale of Love, and Cutthroat-」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

中二病のヤクザモノかと思いきや闇社会版攻殻機動隊がごとき作品 死生観、殺生、権力がテーマだった エロは必要不可欠だがスパイスといったポジション
・ストーリー
はじめはヤクザVS己の正義を信じるならず者たちという構図で始まるが 登場人物たちの運命が交錯していくなかでそれが 個人的な衝突から個人対闇社会 闇社会と警察、公安 恨み 因縁 ひいては国家権力と個人や街、家族と次元がより大きなものになっていく それが衝突し犠牲者が出る中で最終的には純粋たる殺人者同士が激突することで昇華されていきフィナ-レを迎える この段々ディープになっていくカタルシスが非常に面白かったいうふうに思う 
・キャラ
最初は何だこいつって感じだが 物語が進むに連れて一人ひとりに背負っている物があって味のあるものになっている だがそれが成就することなく無念に散っていく姿に感慨を覚えるし去り際の美しさみたいのが表現されていると思う 自分的には主人公とヒロインのエッチよりもダルマ女さんや女刑事さんが好みでもっと見たいと思った
・エログロCG
エロはストーリーに集中してしまうので流れで抜けるものではないが やっぱりストーリー上必要なものが多くて のりざねさんのCGは初めてな気がするけど好みのリアル系に合致していて高水準だったというふうに思うしファンになった まぁ尺が短いのだけがエロゲとしては物足りなかったのかもしれないが自分的には抜くスイッチが自然とオフになったのでこれでいいと思った

不満点としては最初から長文が並び情報量が多いところがとっつき辛さを感じるところだと思う でも重要なことは何度もでてくるし斜め読みでも問題ないと思ったり
主人公とヒロインの戦いやダルマさんと若頭の関係からぶつかり合って愛を確かめるシチュエーションに好きな作品の灼眼のシャナみたいなカタルシスを感じて燃えた
エロゲでは久しぶりにストーリーで満足した作品だったと思う

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい341回くらい参照されています。