painsalさんの「王国のソウルスミス」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

なんか評価が低いようだが・・・
プレイ時間はおそらく無限大になりそうだが、とりあえず最終兵器ソウルスミスのソウル化という最初の目標だけならばという事で入れてみた。
本作は鍛冶師を雇って武器を作って納入してお金やソウルを稼いで、それを元にして技術開発や仲間の強化、鍛冶師の育成をする作品である。
鍛冶屋の経営を回す仕組みを作るゲームと言い換えてもいいか。
はっきり言って、作業ゲーの中の作業ゲーと言ってもいい。
レベルの高い武器を作成し、ソウル化するためには鍛冶師を育成して、より有能な鍛冶師を雇う下地が整ったら異動(という名の実質クビ)を繰り返すのだが、要求される金額やソウル量がどんどん加速度的に多くなる。
貯めるために長い時間ずっと眺めなければならないのだが、これを退屈と感じるかどうかで評価は分かれるだろう。
経営を回す仕組みを作り、その結果をリアルタイムで眺めるというスタイルは前作「ウィッチリングマイスター」でも
同じだったが、ウィッチリングマイスターよりも全体的にシンプルになった感じがするので、それが作業ゲー感を強くする要因の一つかもしれない。
ちなみに、どんどん人が入れ替わるという点では「リミットレスビット」に通じる部分があるが、リミットレスビットが警備隊員を育てて、隊員の弟子を作り、継承する事で隊をレベルアップする仕組みを作るゲームであるのに対して、本作は鍛冶師もさることながら、工房技術(とサポートメンバー)の向上に重点が置かれているため、鍛冶師を異動させる事に何ら抵抗は感じない。
経営を回す仕組みを作る楽しみが理解できない人には間違ってもお勧めできないが、経営を回すための土台作りをして、その結果をニヤニヤしながら眺める事に楽しみを見出すような人には堪えられない作品だと思う。
ただ眺めるのが退屈ならば、BGMやSE、ボイスを消して、鍛冶師たちが武器を作っている裏で短時間でクリアできるゲームをプレイしたり、動画を見るなり、他のことをしてても良いのではないだろうか?
実際自分はそうやっているしww

攻略wikiはあるようだが、あまり充実していないようなので、自分的にプレイを楽にする方法を挙げてみると、
・鍛冶師の採用は属性レベルと才能を重視。技巧は初期CP値に関係するが、技巧が高くても才能が低い鍛冶師はレベルアップしてもあまり育たない。継承は、よほど狙ってプレイしていない限り無視。
・武器をただ作るだけならばCPを上げればいい。しかしソウルチャンスでソウルを効率よく獲得するには、クリティカルスミスをいかに発生させるかがカギとなる(レベルが高い武器はクリティカルスミスなしでソウル化させるのは困難)。技術向上でクリティカルスミス発生率向上と発生量向上を取ろう。
・アップグレードしたら即仲間を強化。アップグレード値が高い武器は納入額が高くなるが、仲間を強化して、より深層へ潜れるようにした方が宝箱の中身や採掘資源量が多くなるので、結果的にそちらの方がおいしくなる。
・フレンドスキルは仲間と全員契約して、欲しいフレンドスキルを全部取ってから使う方向でもいい。最初からフレンドスキルを使っているとマナソースが貯まらないし、そこまでしなくても経営は回る。
・所持金の半分を使って鍛冶師の面接を行うと、有能な新人が来る確率が上がる。ただし、あくまで確率が上がるだけなので、気に入らなければセーブ&ロードでやり直し。
・SG(ソウルグレード)を意識的に上げたいのならば、市場での+1アイテムを購入してもいいが、鍛冶師のスキルをうまく継承した方が効率的。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい630回くらい参照されています。