比翼れんりさんの「あなたに恋する恋愛ルセット」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

あなただけに 伝えたいの この想いを とろけそうな 甘い時間
ユニゾンシフトの最新作は、甘々のザ・キャラゲーです。製菓を通して、ヒロインと仲を深めながら、いちゃこらする典型的な純愛ものながら、無駄が一切なく、純粋に心から砂糖漬けになれる、そんな作品に仕上がっていました。


キャラクターは限られるも、それぞれ立っており、まずメインに来るのはやっぱりののか。主人公がスイーツ男子になるきっかけを作った女の子であるも、そのあたりもう少しきっかけがありそうなもので、しかしながら共通後半あたりから徐々に近づきましたね。ののかはお店の子というだけあって、お菓子は得意みたい。そうなると挫折が付き物ですが、大会の予選落ちは想像通りも、ほとんど引きづらなかったのは、ののかの内面の強さも出ており、印象よく感じます。ラストはウェディングケーキでエンディングまで繋がっていきますが、ちょっと展開が早く感じました。欲を言えば、余韻を感じさせる引き方になってほしかったなと思います。

柚姫は優等生でいて、鼻につくこともなく、常に成長したいという意欲があり、感触の良いヒロインです。お菓子作り初心者同士というポイントもあり、打ち解けやすいのかなと思います。失敗を重ねながら、一生懸命に取り組むところも好感が持てます。製菓としての設定は、難しい課題や柚姫と主人公の掛け渡し的な要素にとどまり、最終的なエンディングが留学になったのは、他のルートと比べても、違和感が少しあります。ただ、留学期間をすっ飛ばしたエピローグではなく、きちんと最後のピースを意識したエンディングにしているのは、好きですね。

楓花は、その容姿のとおり包容力のある女の子ですね。和菓子屋の娘らしく、和と洋のコラボレーションが見所であります、、、が。確かに他のルートと違い、楓花のお店のことに重きが置かれる個別ルートでありますが、展開がそれほどなく、のっぺりした印象を抱かせます。エンディングも、その過程がすっ飛ばされたまま10年後ですしね。キャラクターは嫌いではないけど、好きなタイプでもなく、ルートプレイ後の感想は、可もなく不可もなく。大きく印象に残ることがなかったのは残念。

美絵瑠はふわふわした、みるさんお得意のロリキャラ。本当はやればできる子という、共通ルートから、いいところで力を発揮するも、それでいて憎めないなんともかわいいヒロインです。共通から個別に入る転換や、恋人になった瞬間のかわいさは、群を抜いており、一番好きになったヒロインであります。個別ルートの内容は、両親のためにお菓子作りという、作品の、彼女の、テーマをよく反映したもので、シンプルで短いながらも良かったですね。エピローグも、わりと好きなんですが、もう少しその道に進む過程やらをルート後半に入れてもらえると、言うことはなかったかなと感じます。


全体が砂糖で構成された純愛キャラゲーの王道でありますが、シナリオどうこうというより、キャラクターを中心に雰囲気に浸らせる作品ですね。こういう純粋な系統もエロゲのジャンルとして、廃れず続いていってほしいものです。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい358回くらい参照されています。