kabugikoさんの「D.S. i.F. -Dal Segno- in Future」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

つい新規購入。絵も声も歌も良いからなぁ…しょうがない(言い聞かせ)→おや…なんか様子が変です。。。
前情報無く続編開始。いつの間にか1年経過してるらしく全員での温泉旅行がメインにも思えるけど、
FD要員と信じてた妹や新キャラは連れて行ってもらってないし、
まさかのFDのFD要員とか商売要素だったりするのだろうか?と不安たっぷりだったが、、、


相変わらず大和が悪目立ち過ぎでライターにギャグのセンスがないなぁ。と早々思わせられたがそれは共通だけで、
セーブ画面とか主人公の名前呼びとか他のキャラとの会話の絡みとかメチャクチャなご都合主義とかの前作の不満はほぼ解消されており、
前作を踏まえた上でリカバリのシナリオが書かれているという努力の跡が見受けられた…良いと思います。
相変わらず絵も可愛くてエロいが、エロテキストは…もうちょっと頑張れ><


ひまり  まだ引きずってたらしく過去を精算するため園長先生に会いに行こうとする出だし。
     かなり心配したが前作とは打って変わってまともなアドバイスができる主人公になっとる…この1年間で何があったんだ。
     脱童貞ぐらいしか理由が思い至らないが…?恐るべし。
     昔の自分風の子含めた子供たちにちゃんと接する話。園の今永さんに真面目語りしたりとまともな話だった。。。
     その後もヒロインが保育士を目指そうとするが、前作だったら間違いなくお金とか勉学面でグダるダウナー展開だったはずが
     そんなことなかったし、主人公も叔母さんからの贈り物素直に受け入れられる人間に進化してたし、マジで前作なんだったんだ。
     最後も両親を召喚するのかと思いきや、会わずに似た子にめですプレゼントして終わりとか充分読めた話だった。。。
遥月   元許嫁に取引をなしにされかける話だが、シナリオ超頑張ってた…
     イベの参加で問題解決に繋げる過程は少し強引な気もしたが、大和の調査もまだおkな範囲だったし、
     主人公もヒロインもすっごくマトモでキャラも立ってた。突然のクイズ大会で、まさかのプレイヤー参加型とは驚いたわw
     四文字熟語だけは一発目で解けたものの(ルール説明が卑怯で会長に長時間歌わせたが…)他が難易度高すぎぃ!
     特に鍵盤までは想像付いたが音楽の成績悪かった人には歯抜けの楽譜じゃ分からないのですが。
     ただ最終的に勝ったのは大和が足止めしてくれたおかげですね。。。最後の料理のCGは良かった。おおきなふるどけい全問正解。
依愛   なんか声の音量が小さい。。。母親に挨拶に行くところからスタート。
     コミケデートは良いけどなんか会話が落ち着かないなぁ。。口調のせいか内容が堅苦しいせいか余所余所しい気がする。
     得意の小説を書いて新人賞に応募しようとする話。前作のトンデモ展開から差がありすぎる…良い意味で。
     最終的には落選してるのだがコミケからの地道な努力で頑張っていこうという普通のお話。なんだったんだ前作のは(二度目)
乃絵里  いきなりこのルートではリア妹が登場するのは驚いたが、テニスで勝ったりヨイショされ過ぎで乃絵里が霞んでないすか。
     しかも乃絵里は未だに妹キャラ目指すアピールしてるし。何だこの方向性。
     うーん。なんで妹が突然倒れ主人公含めたみんなが自分が悪いアピール合戦が始まるのか。だるい。
     家族になるというやりたかったことは分かるが超茶番臭のする展開すぎる。
     あとは妹が帰って終わり。あんまイチャイチャ感は無かった。
天    夢オチデート2連の後謎の力でエロ出来るだけのお話。1時間しかない。。。だと!?
     メインヒロインかと思って最後に回したのに。。天ファン怒りそう。

とりま、前作のダメな所をなんとかしようと頑張ってた…評価はしてあげたいのでこの点数。
あ。プレイ時間はクイズ大会を考えていた3時間を含みますw

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい526回くらい参照されています。