比翼れんりさんの「しゅがてん! -sugarfull tempering-」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

甘く甘く開け sugarfull season
新ブランドからのミドルプライス作品。この系列は最近こういうのが多い気がするなぁ。

ストーリーは主人公が記憶喪失でやって来るところからスタートします。差違はあるものの、ベースは某ぴょんぴょんするやつなのかなと思います。

氷織は作品の中心で、父親はじめ、家族をキーに話はまわります。おソノさんの赤ちゃんの話題を中心に、家族とは、を軸に展開されていきます。ラストの出産の所は、あまり緊迫感がなく、そこはキャラゲーの範疇なんだなと思いました。エンディングのCGが意味深なのと、TRUEに繋がりそうな引きは気になるけれど、まぁ繋がらないわけで。氷織のキャラクターは素直で、杏子御津さんの配役がハマっていたように感じます。

めるは洋菓子店の孫で、氷織と一緒にお店を華やかにするヒロイン。犬系で、元気溢れる子で、子供っぽさを孕みながらも、心には想いを持ち合わせていますね。個別ルートはメインは氷織との心の通わせ方なのかなと思います。氷織が出ていってしまう……というところから、事実を知るところまで後半が、ルートの軸ですね。めるはもちろんですが、氷織のかわいさも存分に出たお話でした。

ショコラは、ロリウサ節全開の子猫系キャラクターで破壊力抜群。妖精の夜は氷織ルートで回収されましたが、財宝関連の話題は使い回し?とも思いましたが、これがメイン。宝探しのオチはあれ?という感じでしたが、母親とのハッピーエンディングに持っていくための布石なんだろうなぁと思ってしまいます。ケーキ屋らしい話もあったので、個人的にはわりと楽しかったです。

一応エピローグというTRUEがありますが、結局主人公の正体は"サンタクロース"かーという見え見えの展開。いろいろ伏線はあったように感じたものの、ここまでか、と少し残念。キャラクターのかわいさがやはり売りなので、キャラが好きならば問題はなさそう。不快に感じる部分がほぼ無いので、終始楽しくプレイできました。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい837回くらい参照されています。