4Dさんの「マジックポーション・ストーリーズ」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

タイトル通り様々な魔法の薬を制作する少女を軸とした、群像短編集。正直なところ話はそんな大して面白い訳じゃないんだけど、ただその表現の仕方がちょっとユニークだったのと、そこから色々と考えてしまうこともあったので簡単にでも感想を書いておきたくなった。
50話からなる短編集。
内容は様々な効能を持つ薬によって起こる、8割コメディ2割シリアスなお話。
雰囲気としてはひっじょーにドラえもんに近い。
ものすげえ(悪用したらとんでもないことになりそうな)効果を持つ薬なのに
実にくだらない結果をたどってしまうのび太くん、みたいな話が多め。

俺は今この歳においても「お前にとって一番のマンガは何?」と聞かれたら
「ドラえもん」と即答する人間なので、こういう話ははっきり言って大好物。
大好物…なん…だけど…しかし残念ながらそれを踏まえても
この作品はっきり言ってノリがアレなところがあるw
もちろん笑えるところもあるんだけど、なんていうかこう、古いんですちょっとw
作者のHPを見た感じ、制作歴からして恐らくそれなりの御年と思われるのでここらへんは仕方がないwww

と言いつつも、そういうちょっと古めなノリの中チラッチラッと差し挟んでくるシリアス描写。
これが上手い具合にコントラストが効いててすごく興味を引いてきたりもしてね。
でも興味を引くだけ引いといて、結局チラ見せで終わってしまうんだよなあ…
後書きに「ネタは後の作品のために取っておく」なんて書かれてたけど、出し惜しみしすぎだと思うよ俺はw

そんな感じで特に人へオススメできるほどの何かがあるって程ではないと思うんだけど…
ただ見せ方がちょっと面白かった。
この作品はWolf RPG Editorで作られているんだよね。
それも無理やりノベルタイプにするんじゃなくて、マップチップとドットキャラ、
あとフェイスウィンドウを背景にテキストウィンドウを並列させてる。
SFC時代のRPG画面が左半分、テキストウィンドウが右半分ってのを思い浮かべてもらえればいいかな。

これが思ったよりも馴染んでいるというか、読んでてすごく自然だった。
例えば普通のノベルタイプなら「俺は○○にツッコミを入れた」と地の文で書くところを
ドットキャラの突撃アクション一つで表現できちゃう訳。
他にも「言葉にするのは野暮な部分」といったものも、これまたドットキャラに
思わせぶりなタメを持たせて演じさせてみたりさ。
見ててすごくスマートというか、テンポが良いというか、没入感を阻害しないというか…
この表現方法は正直かなり気に入った。

しかし、なんだろうな、よくドットの暖かみとか言われてるけどさ。
DQ3の賢者とかSaGaのエスパーギャルとか、あと一番下半身的に世話になったやつだとROとか
なんであんなにエロかったんだよって話ですよ。めっちゃ妄想しながら遊んでましたよエロいことばっかり。
もしかするとFC・SFC世代の人間にしか通用しないのかもしれないけど、
でも未だにエロドット絵っていうジャンルがあるくらいなんだよねw
そういう同人作品がコンスタントに出てる(しかも結構売れてたりする)。

結局のところ、ドット絵という最低限の絵というか、ヒントを与えることによって
各々に想像を喚起させるってところが良さに繋がってるんじゃないかな。
人は「ぼやけた印象からは、自分が最も良いと思うもの」を取り出すらしいね。
思い出の景色はいつまで経っても美しい、とかさ。
逆にイケてると思ったラフを清書したらなんかつまらない絵になった、とか。
この作品にしたってところどころアクションシーンがあったりするんだけど(当然ドット絵)、
ヘタな映像よりよっぽど迫力を感じたりもしてね。

自分はこういうのを「想像の余地がある」と言ってるんだけど、
オッサンが同人RPGなんかに集まったりする理由は懐古ってだけじゃないと思うんだよなあ。
少ない情報から自分で好き勝手補完したり妄想したりすることを当たり前にやってて、
しかもそれがすげえ楽しいことだってファミコンを通して知っている世代だしねw
近年二次創作で盛り上がったものなんかも、振り返ってみると
「最低限の設定・情報だけがあって、その結果自由に妄想ができたもの」ってのが多かった気がする。
オタクの原動力って、やっぱり妄想だと思うんだ。

そんな中で「売上も評価も二の次だ、俺はやりてーこと、面白いと思ったことをやる」
なんていうピュアな妄想そのままの作品が同人には存在してる。
思えばこの作品もそうだし、一つ前に感想書いたアンチバタフライエフェクトもそうだった。
だから俺は同人が好きなんだろうな、とかこの作品のドットキャラ達を見てて思った。

という訳で、ちょっと古いノリでもOKでなおかつドット絵も好きっていうなら
悪くない作品だと思うよ。30話までプレイできる体験版もあるからお試しもできる。
点数的には個人的に可も不可もなくの70点だけど、クロさんが清楚すぎて
なんか逆にエロくて好みだったので、クロメインらしい開発中のデストロイヤーは普通に買うかも。
今度は年齢制限つくかもしれない、だって?オッケーオッケー!!



長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい135回くらい参照されています。