tuji968742さんの「星に願いを/starlight starbright Prequel」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

伝奇サスペンスビジュアルノベル 雰囲気が出てる
伝奇サスペンスビジュアルノベル という公式ジャンルはその通りで。言うならどっかで見たような雰囲気の作品。
同サークルのこれまでの作品は未プレイ。

同人として、作成人数からみると良作と思った。ビジュアルノベルが見たいと思うなら有り。
ダサくない。
特に演出はよく洗練されている。
文体も分かりづらい所はなく。無理に入れるギャグなどもなく。時系列順にしないで出していくストーリーもよし。桔梗と恭也の距離感は話に応じて変わっていくし、どの距離感もいい。
事件について要点をまとめたTIPSや、物語の時系列を埋めていくTimelineも良いと思う。
イラストもキャラがかわいい。背景もいいと思う。
音楽も日常パートの曲など落ち着いた曲がとてもキレイ。


しかしサスペンス要素は必要だったのだろうか感はある。物語に謎と謎解きは有ってよいが、連続殺人事件や暗号文はちょっと浮いている。登場人物が謎が分からなくて困っているときや分かってて読者に開示しないときのバリエーションも少なくて気になる。
戦闘シーンは演出でどうにかしようとしているが、狼や梟がかわいすぎて緊迫感に欠ける。
戦闘シーンは立ち上がりはいいが、どうも止めを刺す当たりで失速する。多分立ち上がりを書くのが好きなのだろう。
恭也先生強すぎないですかね?便利キャラご都合展開にも。ちょっと彼に詰め込み過ぎでないかと。

魔術の設定が、伝奇ビジュアルの名作と非常に似ているのはどうしても気になる。回路とか。魔眼とか。やたら強い吸血鬼とか。とはいえビジュアルノベル映えする設定というのも限られているから難しいものか。
そこは同人、あえて思いっきり似せて作った習作という位置づけなのかもしれない。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい5回くらい参照されています。