野菜炒めさんの「仄暗き時の果てより」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

ホラーゲー。割りとエグい。こういう妹も人によってはアリなのかな。
月石のあししょとねこねこのすみれはシナリオゲーにハマる切っ掛けになった2本なんで
月石は思い入れがあるメーカー。

期待値もそれなりに高かったけどある程度は満足な出来という印象。

ルートは3つで妹だけは最後で固定。

序盤の掴みは良かっただけに化け物にポン刀持った女子高生が出現した時はガクッと来たけど
一番ガクッと来たのは主人公のタイムリープ能力。都合良すぎるんだよねこれ。
でも最後までやるとこれも必要な設定だったことが分かるし・・なんか色々と難しい。

個人的に和風ホラーだと心霊系のが好きなんでゾンビが出てくるとなんとも微妙な気持になるけど
絵がえらく気合い入ってるんで深夜に電気消してやるとかだと人によってはSAN値ピンチになりそう。

終わって見ると序盤が一番ワクワク出来たかなとは思うけど一応最初のルートが終わるまでは面白い。
それでも3つのルートで展開自体はほぼ同じなため2番目のルートからは新鮮味は余り無いかも。
大体の謎も1周目でほとんど分かってしまうのもね。
ルート後半のデートとエロラッシュのせいでテンポが少し悪くなってるのも気になった。

妹ルートラスト間際で一気に物語の仕組みが語られるしなにやら無駄にややこしいから
最初見た時は困惑してしまうけどものすごく簡単に言えば恋愛を知りたい妹(ニャル子)の自作劇場になるのかな。
まさに恋は渾沌の隷也。

途中までは死んだ元彼女杏子と同じで妹もいにしえのもの?だっけ?同じ怪物だと思ってたけどニャル子とソレは別物になるのかな。
基本性能は似てるけど唯一違うのが時間を移動出来るかどうかってとこか。
これが主人公がタイムリープ使える(元は妹と同じだから)理由でもあるし杏子が妹に勝てない理由。
妹目線で言えばある意味寝取りとも言えるのかな。
妹と杏子という2大やっかいな化け物に目つけられる主人公はお気の毒様。
こうなると今や完全に脇に追いやられたヒロイン駒子とか女神に見えてくるな。

個人的にはあししょとかには及ばないけど普通に楽しめる良作だったと思う。


長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい108回くらい参照されています。