MGNさんの「俺に彼女ができてから妹たちの様子がおかしい!?」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

俺が「面白そう」と予約購入する作品はクソゲーの確率が高い、を体現する作品であるかのようなデータ数や批評群の作品だが、そこまでひどい作品でもなかった。Hシーンは意外と充実しているほか、主人公の彼女と張り合う妹の可愛さ、二股をかける主人公の主体性の無さ(逆にすがすがしくなる)、妹と張り合って彼女の座を降りようとしない彼女と、実は登場人物全員がどこか狂っているところに見どころを感じた。主人公と彼女がお菓子職人だけにスィーツゲー(甘々)であるが、背景・職場の描写・立ち絵も無いサブキャラ・同じ服しか着ていない彼女と、雑な処理をしているところがマイナスではあった。
解像度の低い背景画像をムリヤリ使用しているために線がガタガタになっているのは確かに気になったが、作品をプレイする上ではそこまで障害ではなかったと思えた。

主人公は彼女が居ながら、同居中の妹3人のうちひとりを二股かけるというストーリーの作品。
しかし、妹を受け入れる/家族として大事にする、の選択肢のうち後者を選択するとバッドエンドとなる。
前者を選択すると妹とのルートに入る。
その妹とのストーリーにも選択肢があり、妹を妊娠させるルートやセフレとして上手く付き合うルートなどがある。
ここで特筆すべきは、主人公が妹と肉体関係を持っていることを知りながら、彼女の座を降りない真由子(主人公の職場の同僚のお菓子職人)の存在である。
まあ主人公が明確に振らない(関係を解消しない)からでもあるのだが、真由子があくまでも主人公の彼女として居座ろうとするところに、ある種の狂気のようなものを感じてちょっと怖かった。
言うなれば、登場人物全員がどこか狂っているところが本作のもうひとつの見どころではないだろうか。

兄を取られまいとする妹たち、そして彼女であることを捨てない真由子。
真由子のキャラが意外に立っていないところは気になるが、本作は妹ゲーのため真由子を深く描く必要がないところに筋が通っている(しかし狂気を感じる)とも思えた。
主人公と真由子がHをするシーンはあっても、場面自体がフェイドアウトされてしまうあたりの扱いの悪さがかわいそうでもあった。
真由子の存在の不気味さとともに、妹を妊娠させてしまった兄(主人公)はこの先どうするのだろうか、という後味の悪さが個人的に面白いと思えた作品だった。

なお、次女の都(みやこ)が敬語妹だった。CVは霧島はるな。
彼女(真由子)のCVは君島りさ。個人的に好きな声優であり、もっと扱いの良い役で声を聞きたいものである。



長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい334回くらい参照されています。