gggrrrさんの「ナルキッソス -スミレ-」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

高坂スミレの生涯の意味
 高坂スミレと篠原あかり。現実を見ることをしなかった少女と、現実を見ることをやめた少女。2人の物語。

 このナルキッソス-スミレ-はこれまでのnarcissuシリーズ、とくに1と2、姫子EPと深い繋がりがあります。
 例えば優花。現実と対峙することを辞め、仮病(寝たふり)の世界に居続けようとしているあかりを、手を引いて現実の世界と再び繋げたのは彼女でした。しかし、元来昭島優花という女性は臆病で自分から他者と触れ合うことをする人間ではありませんでした。しかし、彼女があかりを強引に外に連れ出すような性格にしたのは、彼女の亡き親友「篠原姫子」の存在があったからです。
 心と目を閉じたあかりに「迷い」を生じさせたのは、優花が強引に彼女を外に連れ出したことがきっかけです。自己の世界だけで完結しようとしていたあかりの世界に、初めの亀裂を生じさせたのは他でもない昭島優花です。あかりはその強情(というかアイデンティティ)故になかなか認めませんでしたが、優花という「友達」が出来たことにより、あかりの人生に大きな変化が生まれます。彼女は優花に連れられ「自分が定義した閉じた世界」から抜け出します。

 そしてセツミ。7階の住人となったスミレは、まだ7階の住人になっていないものの、相変わらずの長期入院中のセツミに会います。セツミは彼女の性格ゆえに、優花のように踏み込んでくるようなこともしません。スミレもセツミも活発な性格ではないですから会話も弾むことなく、二人の交流は「知り合い」とも言えない状態までしかいきません。ですが、セツミはスミレに道を示します。それはある種「自分が将来やる行動」であることを予見したが故に、「将来の自分」の状況にいるスミレにその行動を促したのでしょう。「友達は作ってもいい」と教え、「地図を渡す」という行為にそれが表れています。

 そして、セツミに地図を贈った人物、それもまた篠原姫子です。

 姫子という一人の今はもう亡き七階の住人は、セツミと優花、ネロとアロアとなる2人の存在のこの上ない影響を残して去ってゆきました。彼女が遺した影響は、セツミと優花の2人に留まらず、波紋のように広がっています。そのうちの2人が、奇しくも名字を同じくする篠原あかりと高坂スミレです。
 
 優花に連れられ自分が知りうるはずもなかった7階で、かつて「公園の住人」同士だったスミレとあかりは再会します。しかし、かつては共に「居場所がない者」であった2人は「去る者」と「残される者」に明確に分かれてしまっていました。

 あかりは自分の存在をなかったことにしようとしています。自分が存在することで及んだ影響を全て無くし、眠りの世界へと行くことを目的としています。ですが、再会したスミレはもはや否応なくこの世からいなくなることを約束されていました。だというのに何ら行動をしようとしないスミレを見てあかりは苛立ちます。実はスミレこそがあかりの理想形である「誰かに影響を及ぼすことなく消える存在」であるというのに、スミレの消極性に自分でも分からない怒りを覚えています。

 この時点であかりには「自分はこのままで良いのか」という思いが強くなっていたのでしょう。その気持ちを芽生えさせたのが7階へ連れてきた優花であり、再会したスミレです。スミレに対するあかりの態度は、常にスミレを通して自分自身へ問うているような印象を受けます。

 そしてセツミの言葉を聞いたスミレは「自分の人生の証人」としてあかりを選びます。

 かつて姫子がセツミを最後の伴としたことに似ています。姫子は最期にセツミへ「魔法」を遺しました。その「魔法」はその先に生きるセツミの導として効力を発揮します。

 貸し借りのない0の状態でいることを信条としてたあかりでしたが、スミレの最期に立ち会うに際し、自分では彼女の生きた証人になることはできないと思い辞退を述べ、代わりの願いを聞きますが、スミレの答えは「友達になって」でした。

 これがスミレの「魔法」です。自分ではなくあかりへ。その魔法がどんなものか互いに分かることはないけれど、魔法は確かに存在しました。

 その効果は「ナルキッソス-スミレ-」ではなく「すみれ」で分かります。

 あかりは自分が存在したがゆえに人生が大きく狂ってしまった2人の人間、『健ちゃん』と『義理の妹=雛姫』をネット学園にログインするよう仕組み、HN「多恵」として接触します。その真意は2人に引篭りで陰鬱な人格から前向きな性格へと立ち治ってもらうこと。即ち「あかりがいなかったらなっていたであろう姿」になってもらうことです。

 ところが、そこへあかりが想定していなかったもうひとりがネット学園に紛れ込みます。これは完全に偶然で、あかりが意図したことではありません。

 そして、紛れ込んだ少女の名前は「初芝 すみれ」。ネット初心者であったすみれは、HNに「ハツシバ すみれ」と本名を書き、それをあかりが扮する多恵に指摘されます。

 すみれ…… あかりのもういない友人と同じな名前をした少女が、偶然迷い込んできました。

 あかりは『健ちゃん』の状況を調べていましたから、『初芝すみれ』が現実ではどこにいるかすぐに分かったでしょう。

 そうして、「誰にも貸し借りは作らない」ことを信条とするあかりが、その信条に反するおせっかいを、すみれに対してだけは行います。何度もすみれに接触し、アドバイスをし、親切にします。自らの信条に真っ向から反することをあかりは重ねていきます。

 その後「すみれ」本編が示すように、すみれの立ち直りは『健ちゃん』の立ち直りに繋がり、成長した『健ちゃん』はあかりを完全に閉じた世界から外へ連れ出すことに成功します。

 「すみれ」本編の最後はすみれ、雛姫、あかり、健ちゃんの4人が笑顔でいる絵で締めくくられますが、私はこの光景こそが「高坂スミレ」が生きた証だと思いました。

 偶然に出会った同じ「スミレ」の名を持つ少女。その少女をあかりと健ちゃんが救済することが、あかり本人を救済することへと繋がった。

 「高坂スミレ」がいなければ、あかりは眠りの世界へと旅立っていたでしょう。

 篠原あかり、そして初芝すみれ、この2人の曇りない笑顔こそが、高坂スミレの命の証明であると、私は強く感じました。

 
 

gggrrrさんの「ナルキッソス -スミレ-」の感想へのレス

『ナルキッソス スミレ』と『すみれ』についての、素晴らしいご解説、本当にありがとうございました。

『ナルキッソス スミレ』のあまりの物語の大きさに、プレイ後、立ち尽くしてしまい、どうしたらよいか分からなかったのですが、こちらの解説も道しるべにして、今後繰り返し考えてみたいと思います。

非常に勉強になりました。ありがとうございます。
2017年06月18日12時06分44秒
buuchanさん、私の感想を読み、参考にしてくれたのですね。こちらこそ、ありがとうございます。

この場を借りて語らせていただきますが、私は貴方が書いた「すみれ」の感想文に共感するところが多かったのです。「評論文のような絵と、詩のような絵」の下りがそうですね。秋乃先生の絵にとどまらず、片岡とも氏の文章にも私はそうした感想を抱いていたのです。

片岡とも氏の描く物語は、彼の人生を基盤にしているものが多いためなのか、人々の共感を得ようとする、感動させようとする、などの意図が無く、あるがままに自分の物語を書いている、「詩のような印象を受ける文章であり物語」と思っておりました。

ですので、「すみれ」に多くの感銘を受けた貴方であるのならば、「ナルキッソス-スミレ」に触れる事で得られるものも多いのでは、と思い貴方の感想に投票し、お勧めさせていただきました。「ナルキッソス-スミレ」に触れたことで貴方の人生に糧となるものを見出されたのであれば、私もこの物語を貴く思う者の一人としてとても嬉しいです。

また、narcissuは1も2もフリーゲームですので、是非読むことをお勧めします。姫子エピローグは有料ですがsteamで公開されている方をお勧めします(有料といえども姫子EPだけならば500円未満です)。新規に描かれた絵は、すみれやナルキッソス-スミレに近いタッチなので、より物語の親和性が高くなっております。

お時間と機会があれば是非に。

2017年06月18日20時30分02秒
gggrrrさん

お返事ありがとうございます。『すみれ』感想の拙文をお読みくださり恐縮です。また、わざわざ『ナルキッソススミレ』をやってみるようご推薦くださり、ありがとうございました。

片岡先生やねこねこソフトさんの作品には、流行のエロゲに対して真向勝負をしかけているようなところがありますね。

『120円の春』(エロゲではありませんが)の春編には、真冬の山小屋で、孤独な主人公が「湯たんぽ来ーい」みたいなこと言って、葉月を膝に乗せて暖を取るイベントCGがあったと思います。ここで、エロゲにありがちなパターンは、社会人主人公と10歳の女子小学生との恋愛や性愛の文脈に流し込んで、二人の関係が片付けられてしまうというものです。しかし、『120円の春』では、二人は決して恋愛関係ではなく、まして性愛関係でもなく、共に孤独を背負っている者同士の年齢差を超えた不思議な共存関係だったと思います。その「不思議な関係」を一言で表せないからこその「湯たんぽ」であり、また長い春編なのでしょうね。女の子をちょこんと膝に乗せて、二人で身体を温め合っているあのCGは、『120円の春』がエロゲ文脈から飛び抜けていることを象徴する絵だったと思います。

恋愛や性愛に流し込まない、二人の微妙な距離感、不思議な関係。ねこねこソフトさんの作品からは、流行のエロゲよりも、本当に自分たちが作りたいエロゲはこれだ、という強い意気込みを感じます。

今夏発売予定の新作『ルリのかさね』にも、『120円の春』と同じく「膝乗せ」のモチーフが出てくるようです。『ルリ』は『120円』と異なり18禁ですから、性愛はあるでしょう。しかし、片岡先生の描く兄妹のことですから、きっと単なる恋愛関係や性愛関係で済まされることはなく、もっと微妙な距離感や不思議な関係が描かれると思います。そして、『120円』に出てきた二人の不思議な「湯たんぽ関係」とどのように違ってくるのか。いまは、それがとても楽しみですね(*^_^*)

いずれにしましても、『ナルキ スミレ』について素晴らしい解説をありがとうございました。また、ナルキッソス1、2、姫子EPについても教えてくださりありがとうございます。今調べてみると、幸いsteam版『スミレ』には、これら全てが同梱されていました。近いうちに読ませていただきたいと思います!

2017年06月18日22時34分19秒

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい2433回くらい参照されています。

このコメントは3人の方に投票されています。