4Dさんの「神様のゲーム -監禁された6人の男女-」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

読めるエロゲーとしてかなり完成度が高い。商業は最近あまり数をこなしていないので説得力はないかもしれないけど、個人的に今年の作品では一番の出来だった。これでまともな原画が付いていたら、もう少し販促を頑張っていたら、メーカーがXuseじゃなかったら…どうなってただろ。話題かっさらってたかもしれないね、多分。ネタバレは後半から
内容は「男1人と女5人が閉じ込められてセックスしないと死ぬ」という
身も蓋もなさすぎる話。元はなろう系ってやつだね。俺だけゾンビと同じパターン。
ついでに原画もPixivから拾ってきてる感じ。
何故拾うなんていう嫌らしい言い方かというと、はっきり言って上手ではないからだw
典型的な"描き慣れてる表情とポーズ以外は壊滅"タイプ。
それはそれとしても、制作方法の行き着くとこまで行き着いた感がすごいね。
オタクが作ってヤクザが売るのがゲームだとは言うけどさ。
まあそれでも面白いものは面白いと認めるしかないかw

ここのレビューを何度か見かけて気にはなっていたものの、
ぶっちゃけセックスデスゲームと言われても、エロはさておき
そんな大して面白いものだとは思っていなかったんだよ。
だってそんなの一歩間違えばギャグじゃないw
実際、作中でAEDのごとき超シリアスな「緊急挿入」シーンがあって
「これ笑っていいのか?wいいんだよな?www」ってなったりしたしw
これほど緊迫した射精はもうたぶん二度とねーな。
ただまあ…高評価の割に、なんつーか、うーん、ちょっとアレな言い方で恐縮だけど
営業臭い書き込みが少なかった気がしたので試しにやってみたんだけどさ。まー面白いわ確かに。

たった1人の男には特権があり、絶対的な強者となっている。
代わりに5人いる女には何もなく、残りライフの提供者となる主人公を巡っての
心理的な駆け引きが行われる。
そうしてプレイヤーへハーレム抜きゲーのように自尊心をくすぐり満足感を与えつつも
しかしそれだけでは終わっておらず、その絶対的強者の男性をもし殺すことができれば
女たちは解放される、というルールもあり男 VS 女の図にもなっているのが面白い。
二重、三重の勢力図が同時に存在しており、意外性のある展開を見せてくれる。
誰と誰が組むのか、いつ寝首をかかれるのかというスリルが常にそばにあって飽きさせない。
そして題材が題材なのでエロも序盤からバシバシある。
飽きる暇がなく、全編通して熱中度が高いんだよね。
クリアした今振り返ってみても、よくもまあこんな「セックスしないと死ぬ」ってだけの話を
ここまで面白く書けたもんだと思うよ。

ただまあ、ホントなら嬉しいはずのエロも
絵が酷くて実はあんまり嬉しくない部分ってのも正直かなりある。
安上がりに済ませるにしても、もうちょい選べよとは思うw
シチュ的には中々良いものがあるのにあまり生かせていない。

そして後半になるとヒロイン群が別人と化してしまうのも引っかかった。
というのも、極限状態におかれた人間が本性を現して…とかそういうものならいいんだけど
なんかねえ、なんていうんだろ、賢くなりすぎるっていうかさ。
普通の女子学生だったのに、なんか心理戦がどんどん大げさになっていく。
ヒロインそれぞれに見せ場がちゃんと作ってあって、捨てキャラがいないってのは
もちろん評価すべきことなんだろうけど、しかしキャラageしすぎてるところがあって
なんかもう、初期と比べて全くの別人なんだよねw
玄人然としててはっきり言って違和感がある。
これはなろうにある小説版(本作とは内容が異なるらしい)の方がより顕著かな。

あと話が一本道という点。
この作品というか今回のデスゲーム自体は確かに完結してるんだけど、
その多くを次回のデスゲーム?に投げかけており、結局は続編前提の作りと言っても
差し支えない感じ。楽しかった分めっちゃ次回作が出るのを期待してるけど、
まあそれまではもやもやとするよねやっぱり。
そしてこの作品ほど「選択肢で未来が変わる」というノベルゲームの本分を発揮して欲しかった作品もない。
この筆力で主だったヒロイン分のエンディング、生き残るまでのドラマが用意されていたら
85点つけてたかもしれない。
という訳で、以下はネタバレ込みの感想。

















色々言いたいことはあるけど、まずヒロインの一人、琴子が素晴らしい!!
こいつ絶対すぐ死ぬだろと思っていたけど、まさかメインヒロイン張るのかよ!
始まってソッコー殺人教唆始めるのに。わっる~い顔してゲスなこと言い出すのに。
なんだろ、PC片手に「僕の計算によると」とデータで戦う眼鏡クイッ系キャラが
そのまま試合で優勝したかのようなすげー意外性があった。
極端にデレすぎでなんだかなあと思うところもなくはないが、俺はこういう
「自分の大切な人には身を挺することも辞さないが、それ以外には冷酷冷徹になれる」
という女の子が大好物なので、もう琴子がNo.1でオッケーです。

と言いつつも人妻も良かった…旦那さんをちゃんと愛してるのに状況と憐憫に流されて
優しいセックスを許しちゃう辺り最高だった。
しかし最初の犠牲者に百合子を選んだ辺りが人間の弱さをすげーよく表してて
あそこでこの作品は真面目に読む価値あるぞと確信できたんだよね。
誰か一人殺さなくてはならないなら、「最も大事ではない人」じゃーなくて
「最も許してくれそうな人=罪悪感を覚えずに済む人」って辺りが実に生々しい。

そもそも射精回数とかいうあいまいなものがライフを握ってる点で
デスゲームのロジック自体は真剣に考えるようなものじゃないしね。
コロコロ変わる人の心の機微やそこからの展開を見て楽しむ作品だと思う。
あと合法浮気もw 彼氏持ち旦那持ちとのどこか優しいセックス最高です。
「決して股が緩い訳じゃない」が、それでも「合意に至った上で」って辺りが実にいい。
本当に絵だけが悔やまれる。擦り切れるまでシーン再生する目すらあったのに…

一番盛り上がった瞬間は、やっぱりワイルドカードのオープン時かなあ。
めっちゃ期待して効果内容を読んで、そして一気に絶望した。マジで突き落とされた気分になったね。
なんとか抜け道はないかと頭120%フル回転させながら読み返したけどどうしようもなかった。
どう考えても使い道なんてなかったのに、しかし追い詰められ最後の一手として
最悪の切り札を切った瞬間は限界まで昂ぶったね。
主人公も今度は大事な人から除外し、他を生贄に捧げた訳だけど「お前は何も間違ってねえ!」って思ったよ。
ここまで感情移入させられたのは、それまでに登場人物の心情を丁寧に描写していたからだろうね。
先達となる作品はたくさんあるだろうけど、この一点に関してはなんら引けをとっていないと思う。

何度も言うけど「セックスしないと死ぬ」って説明からは想像できない程に内容がある。大した筆力だと思うよ。
出るのかどうかわかんないけど、悪魔のゲームがもし出るのならこれ程楽しみなことはない。
あの強烈な引きを持つEndingを受け継いで続編書くとか作者本人以外には
絶対にできないことだと思うので、作者は頑張ってくれマジで。
なんかなろう版見てる限りじゃ遠い先になりそうではあるけどもw まあ2,3年くらいは待つ覚悟ありまっせ。




新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1221回くらい参照されています。

このコメントは2人の方に投票されています。