morufaさんの「アオイロノート」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

美空ルートは最後推奨(悪い意味で)
アニメのワンシーンのような色調が独特のad:lib最新作。




タグは学園、部活というシンプルな取り合わせに、登場ヒロインが幼馴染、同級生、先輩が二名と
ヒロイン構成としては余り見かけない比重で構成されている。

プロット構成としては全部で15.6個ほどある選択肢を使った加算型フラグ方式を採用。
共通部ではメインヒロインである美空の事情に軽く触れる部分までを描き、その後の共通部で
各ヒロイン毎によるがシリアスを絡めてエンディングを迎える。




と、これから細かい部分に触れていくわけだが、まず始めに今作私がつけた76点というのは
文字通りこの作品を評する際の評価点であり、ルート毎の出来の良し悪しなどは全て平均化された状態で
あることに留意してほしい。

こんな前置きをしつつ冒頭一言コメントを読んでもらえれば大体どういう意味であるかは察しがつくであろうが、
今作、ルート毎の良し悪しのバランスが非常に悪いといわざるを得ない出来となっている。

その主だった原因を作っているのは一も二にも個別ルートにおけるシリアス描写なわけだが、
この内容、言い換えればシリアス度がルートによって雲泥の差というか、そもそもの質が違うルートが
二つほど混ざりこんでいる。

とりあえずネタバレになる部分は避けるが、ヒロイン4名のうち美空と唯子の二名のルートが
危険域に達するレベルで

「思ってたんとちがーうっ!」

と叫びたくなる構成をしている。

他の二名に関しては、というよりこの玲央と沙織は昨今の作品の中ではかなり高水準に良いヒロインで、
特に玲央は幼馴染という在り来たりなポジションながらも強烈なヒロイン力を見せ付けてくれた。

またこの二名に限らずad:libが得意とするアニメテイストな濃いキャラ塗りは一枚絵と始めとする
情事シーンでも非常に色鮮やかに描かれており、抜きゲータグをつけても問題ない仕上がりとなっている。

CVも売れっ子からすこしズレたラインナップが非常に耳心地が良く、この点に関しては沙織以外は
十分な水準に達していたと思う。



反面悪い部分は先にも軽く触れたとおりルート毎の出来がひどい点が一つ。

加えて場面転換でもないのに立ち絵のキャラが変わるタイミングなどで頻繁に暗転する点が非常に気になる。
読み始めて最初に暗転したのに全く場面転換が起きなかったためバグを疑ったが、その後も
わけのわからないタイミングで終止暗転するので、あぁこういう仕様なのかと後で気がついた。

また先ほどの暗転とほぼ同じであるが時々入るアイキャッチの使い方も上手いとはいえず、
こちらも同様に対して場面転換、時間進行がされてない場面で挿入される為ブツギリ感が増す結果となっている。

加えてテキストボックスに二名の登場人物の会話が同時に表示されたり、地の文なのに主人公の名前が
表記されていたり、誤字脱字なども含め数点のバグも散見された。




ネタバレを含むと途端に作品価値が下がる作品内容であったので以上で総評に移るが、
正直なところここまで評価に困る作品が個人的に初めてだったので如何ともしがたいといったところが本音である。

原因はもちろん落差の激しい各ヒロインルートの出来栄えなのであるが、4ヒロイン中2名が危険域に
いるという点と、若干クリア推奨順がある点が更にこの作品の評価をカオスにしてしまっている。

ちなみに私が考えるクリア推奨順は

沙織と玲央が順不同でついで唯子、最後に美空としておきたい。

特段世界の真実が開かされたりネタバレになるような内容ではないので厳密に言えばそこまで
推奨順に意味は無いが、作品を楽しむ際の雰囲気を楽しむという程度であればこの順番をオススメする。

そもそも玲央がメインヒロインとしての力が半端ないので、余り雑音を入れておきたくないのであれば
玲央と沙織だけでも正直満足、というよりこの2名だけの評価であれば+10点は加点できていただろう。
というかad:libは玲央のこと好きすぎだろうと色々突っ込みたい部分がある。

とはいいつつも危険域といった二人も私のイメージからかけ離れたとんでもない内容であったというだけで
ルート単体ごとに見ればそこまでひどい内容ではなかった点が救いといえば救いである。



ただ正直なところ、この二名のキャラ絵に引かれてプレイを決断しようとしている人は軽く警告だけはしておく。

個別に入ってからの展開に、きっと驚くことになるだろうから・・・。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい4332回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。