MGNさんの「えむリア! ~俺がドMになったのはどう考えてもお前らが悪い~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

雑誌付録をプレイ。キャラデザが可愛いのにSD絵が可愛くないという珍しい作品。ドM主人公のデリカシーの無さには呆れるが、ヒロインたちのガサツさもいい勝負なのでどっちもどっちという印象だった。それにしてもお前ら、おっぱいでか過ぎだろ?(笑) 星美の立ち位置が難しい作品だが、ハルカが良い味を出していた。ハルカを最後に攻略すると綺麗にまとまると思えた。
メガストア2019年6月号付録の本作をクリアした。
どM主人公を許容出来るか出来ないかで評価が大きく変わる作品だった。
自分は、ギリギリ許せた感じだった。まあ、打たれ強いという点では前向きなのだと解釈している。
キャラデザ(原画)はD.C.シリーズで描いている人だからかかなり可愛い絵柄で良かった。しかし、SD絵がなぜか可愛くないという珍しい作品でもあった。
HシーンのCGは予想外にいやらしい展開が多く、クるものがあった。星美がゴム手袋を付けて主人公のお尻をほじくるシーンがヤバかった。本作のHシーンが意外に良かったのは収穫である。

本作は、転校生の星美の立ち位置が難しい。
かつての幼少時のいじめっ子がカムバックして来たのは良いとして、ドM主人公を利用して姉ちゃんの弱みを握ろうとするシーンはインパクトが弱すぎる。
それどころか、星美が姉ちゃんに洗脳されてしまうほどの甘美な快感を植えつけられてしまうシーンが全編を通じて描かれていないため、姉ちゃんルートと星美ルート以外では星美の存在理由が半減以下になってしまうところがもったいなかった。
姉ちゃんと星美の甘美で濃厚ななレズシーンは、少なくとも姉ちゃんルートでは描いて欲しかった。
星美がせっかく綺麗な悪役として描かれているのに、最終的に難しい立ち位置になっているのが残念だった。
一方、ハルカルートは最後にクリアするとうまく話がまとまるところが良かった。ハルカは最初から主人公のことを好きなので、ドM主人公がきちんとハルカに向き合うだけで話の方向性が定まってしまうのが面白かった。
冒頭に言ったことと重なるが、どM主人公を許容出来るか出来ないかで評価が大きく変わる作品だったと思う。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい33回くらい参照されています。