asteryukariさんの「午前零時の讃美歌 -彩無鏡の小妖精-」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

熱さと嬉しさの詰まった素敵な作品。いやぁ、本当に嬉しいものばかりだった。
やたら彼女の妄想が炸裂するし、そのシーンというのも今までと比べるとかなり凝っている。だから、この作品は小夜子と新太の愛に塗れた日常をお送りします程度だと思っていたのに...。終盤の夫婦喧嘩は私にとって、いや、これまで雨傘日傘事務所の作品をプレイしてきた者達にとってのご褒美のようなものだった。ブルーゲイルに関連してキザクラさんの名前が出てきたり、ナレットで馴染み深い白教会の名前が出てきたり、あとはクロユリさんとか…。終盤に限らず、「あっ!!!」となる要素が至る所に散りばめられていてそれはもう楽しませてもらった。

また、小妖精であるところの鏡子ちゃんは二人を間にいてなんら不自然ではない、ユニークでバランスの取れたキャラ設定をしていたと思うし、それに関連するお話なんかも嫌いではなった。ああ、あれだけ日常生活を共に送ってきた存在ならばそれだけ必死にもなるよなと、ごくごく自然な話の流れをしていたと思うし、私自身も何とかしてまた彼女の顔が見れないものかとうずうずしていた。まあだから最後に見せた彼女の笑顔はたまらなかった。

asteryukariさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい46回くらい参照されています。