haotone_tsubasaさんの「アルカディアの灯火」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

どちらかというと早狩さん担当の「マリーベルは死んだとパパに伝えて」の方が好みでした。どちらも短いがまとまっていて値段もお得なので良かったです。
「楽園の守護者」
健速さん担当の作品
軍隊に所属する主人公の率いる部隊が、とある事情により変貌してしまった“世界の救世主”と呼ばれる元同僚を倒す話。

回想シーンが多く用いられていたので葛藤が自然と伝わってきました。近未来の戦争映画を見てるイメージで短いながらまとまっていてよかったと思います。


「マリーベルは死んだとパパに伝えて」
早狩武志さん担当の作品
異世界に飛ばされた年齢の異なる少年、少女達が戸惑いながらも家族になっていく話。

異世界転移が題材の作品はよくありますが、この作品は世界観よりも登場人物達にスポットを当てており心理描写に重点が置かれていた印象です。
視点変更が多いのでそれぞれ何を考えて行動しているのかが分かりやすく説得力がありました。
年齢が小学生~大学生と若くも幅広いため“年相応の子供っぽさ”がよく出ていてよかったです。人間臭さを描くのが上手いですね。
それぞれ悩みを抱え、ぶつかり合いながらもながらも成長していく話は好みです。
あとは、一番年上で疑似家族の父親と母親の役割をすることになった大学生である二人の関係が信頼→恋愛になっていく描写も好きでした。
最後は少しだけくどいと感じてしまいましたが、こちらの方も短いながらまとまっていてよかったです。


簡単な感想になりましたがどちらもよかったです。
値段も約1000円とかなりお得なので損はしないかと。


長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい30回くらい参照されています。