teisibounyuuさんの「それは舞い散る桜のように」の感想

キャラクターの紡ぎ出す会話に魅力。楽しさ以外に目を向けると、設定そのものに引っかかりを感じるのが惜しい。
ヒロインたちとのやりとりが魅力的。ライター氏の色が濃く出ており、クセと素材の偏りはありますが良かったです。
あえて行間をねちっこく綴る会話がよい。内容も受験高校生っぽい? こういうバカバカしさってだれにでも経験ある
んじゃないでしょうか。家電製品で一番格好良いのは掃除機とか、アルファベットのQはアホっぽいとか、生産性の
ない会話群もよい。萌えこそありませんが、一部を除き、ヒロインも概ね魅力的。同じく不毛な会話で中高校生活を送
った身としては親近感が持てました。(グーで負けるのは保守的な苦い後悔…とかリアルでやってました。アホか。)

ただ一年通してこればかりでは単調でもありますね。重複ヶ所が非常に多いシナリオでもあり、2回目以降はめっちゃ
作業プレイでした。ごめんなさい、容赦なく飛ばしました。飽きてコンプするのに半年以上かかりました。内容もあまり
覚えてません。商品として完成されたシナリオ展開、この観点だと低評価せざるを得ないですし。

ゲームデザイン自体は単純で、どのシナリオでも得られる設定情報は大差ありません。よって、初回プレイでじっくり
とテキストを読み込んだ方が良いと思います。世界や人物の設定だけでなく、アホな会話にも暗喩が多いので。
2度目はともかく、3回目以降にもなるとほんとーに重複だらけで面倒でした。既読スキップないし。半リタイヤ状態。

春は出逢いの季節。そして人は恋をして。はじめての経験にとまどいもするけれど。それは舞い散る桜のごとく。ときに
直情的で、ときに気まぐれで、ときに傷ついたりもするけれど。この青臭いラブストーリーが本作で(あくまでもエロゲー
的にだけれど)描かれている、のだろうな、とは、とりあえず、感じました。一年通して何気ない日常を切り取ったラブ
ストーリー。
対する、子どもや大人の設定をもうちょっと活かした方がシナリオ自体は面白くなるとも思いましたけど、下手に価値観の
相対化などせず、恋は盲目な甘い(結構都合の良いようごまかしてるし)ラブストーリーにおぼれるくらいのが良いのかも
知れません。なんでもいい、適当に生きるな。(矛盾してるなぁ)

惜しむらくはストーリーとそれに対するメタファーの扱いがどうもしっくり来なかったこと。設定が半端で謎が明かされ
てない、などのミスリードが起こりがちだと思います。(この辺『水月』は上手かった)どうも設定をにつめないまま見切り発車で、締め切りに間に合わ
せたような印象を受けます。設定の消化不良、理解不能、ではなく、どう受け止めるのが妥当なのかしっくりこなかった
これが第一印象でした。いわゆる「謎」といわれがちなモノ自体は本質に影響する範囲にはないですし、その他の設定部分
は、かなりの程度、客観的かつ妥当な共通認識が得られると思います。

個人的には細かいこと抜きにして、素直に受け止めたいのですが、繰り返しプレイへの配慮の無さ、PCゲームとして
取り立てて面白い魅せ方が見られなかった点、ライターの意志に対する設定の不徹底、を考慮しつつ、楽しさを最大限に
評価したいところ。基本的に「作品」に対しては高得点(評価でなく)を付けにくいのですが、それは毎度のこと。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい178回くらい参照されています。