Accord4312さんの「アマカノ」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

真っ白な銀世界、なんて感動している暇もないほどに雪が降り積もった田舎町で出会った女の子とたちと過ごす、一冬の恋物語。出会って、意識をして、恋をして、結ばれて、愛を育んで。恋愛話、というものにおける重要なポイントを外すことなく、なおかつ、それほど長くない期間しか過ごしていない男女でも、しっかり仲が進展していたのだということを丁寧に描き切っていますので、恋愛ものとしてはかなりいい出来な作品だと思います。なんだかんだ依存してくる聖さんをお世話したい。長文部分はいつものプレイメモです。
アマカノ
→おいしそう

・今回はちゃっちゃと決めますよ。順番は以下で

星川こはる→高社紗雪→上林聖

星川こはる 76+1
→猪突猛進爆発粉砕ほのぼのガールちゃん。あんまり苦手意識を感じない年下ヒロインだし、存外に捗りそう。
〇ええぃ、この無自覚小悪魔目め!
→あ、あぅ、あぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅあぅ……
〇いい主人公だなぁ……ちょっと聖人過ぎやしないかとは思わなくもないけれど
◎ぺろぺろ……ぺろぺろ……
→地味にこの子、ぽちゃに入り始めてるのよね。そのわがままな感じ、癖になっちゃう!
※主人公……ホント、よく頑張るんだなぁ…………

→こはちゃんもよくがんばるし、主人公もこれまたよくがんばる。そんな二人が一直線に恋愛をしちゃったら、こんな直情一直線な恋愛になって当然だよね。
そんな二人の猪突猛進恋愛は、近くにいると当てられそうで、ついつい「末永くお幸せに爆発しろ」といいたくなるけれど。とってもとっても、冬真っ盛りの季節にぴったりな、あったかほわほわ、自然とみんなを笑顔にしちゃう楽しい恋愛でありましたとさ。めでたし、めでたし。

(以下逆告白回収)
※この何とも言えない関係、すき!!!
→加点+1

高社紗雪 75
→家のために頑張り続けて、気が付けば完全に浮いてしまった孤高のぼっち様。たぶん反応がいちいち可愛い。というか間違いなくその方向でかわいい。主人公という「はじめてのおつきあい(意味深」を経て、どう変わっていくのかが楽しみ。
○頭突き可愛い。
◎やっぱり主人公、ホント、がんばるよなぁ……ベタではあるけど、自分のためにこんなに頑張ってくれる人を好きにならない人なんて、いるわけないでしょ(
△告白即婚約ルートだもんなぁ。あまあま、っていうのを愉しむ意味ではいいかもしれないけど、「カノ」なのかしら?(
→まぁ、そこに何か言うのも無粋か。甘くて、とろっとろで、幸せに爆発しろ! って言えるような内容なら、それでいいのだし。
○キスシーン、いいね!
◎◎あぁ、本当に、いい子だ……。(実はこの展開、超大好きだったりします。だって、王道ですやん? マジモンの王道ですやん? 自分がこういう展開になることはまずないでしょうけど、そんな友人がいるとしたら、絶対に手伝って助けてやりたい、そんな展開ですやん?)

→本当に、純朴で、純粋で。雪が降り積もり、冬景色として見栄えのいい真っ白な空間の中でも、飛び切りの真っ白さを放っている、大切な人。そんな愛しい人が黙々と、長い間、長い間、地道に頑張ったから作り上げることができた、優しい世界。
ポッと出の鬼が、そんな世界で彼女を幸せにできるかなんて、だれにもわからないけれど。
わからないからこそ、二人で歩んでいきたい。二人で、幸せな世界になっていけばいいなと願って、歩んでいけばいい。それで、幸せな世界になっていくのであれば、それでいいのだ。
純朴な巫女姫様とのお話は、これからも、続いていく――

→何書いてるのか自分でもわかりませんが、要するにかわいくって辛いってことです。
※逆告白加点なし
→でも、これはこれでとってもおいしいと思います。微妙に暴走入っちゃってますよねって感じがまたたまらないです。

上林聖(かんばやしみずき) 78
→よめない。
※やっぱり、目、そうなのかねぇ……?
○あああううああうあうあうあうあうあうあうあうあうあうあう
→ああうあうあうあうあうあうあうあうあうあううあうあうあうあうあうあうあうあうあうあうあうあ

→聖いいいいいいいいI! 俺が、ちゃんと、ずっとそばにいてあげるからなあああああああああ!(崩壊)

→とってもフレンドリーで、とっても美人で、周りからはとっても輝いて見える、理想的なセンパイさん。だけれども、いったんおうちに帰ってしまえば、年相応とも言い切れないほどに、大好きな人には甘えん坊で、甘えられなくなることを考えただけで泣いちゃって、それを理由にまた甘えてきて。
内心、甘え過ぎだとは思うのだけれど。もうちょっと、独りでも頑張れるようになってもいいのかなとは思うのだけれど。
そんな貴女も、悪くないから。そんなちょっぴり面倒くさい年上な女の子も、たまには、悪くないから。
だから、――――頑張って。
ぼくも、寂しいけれど。表には出てきていないかもしれないけれど、出てこないから、信じてもらえないのかもしれないけれど、貴女と少しでも離れてしまうことは、ものすごく寂しいのだけれど。ちょっとの間だけだからって、自分を言い聞かせて、これからずっと、貴女と一緒にいられるように頑張るから。
だから。必ず僕たちの前にやってくる、二人で一緒に過ごすことのできるその日々まで。

―――――またね。

→……

※逆告白の場合でも、この子の場合、展開が展開だから、正直大して変わらないような気もするんだよなぁ。
→加点なし

--------------
点数
(77+75+78)/3
=76.666666666......
≒77

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい147回くらい参照されています。