カラスさんの「PRIMAL×HEARTS」の感想

遥そらの黒髪声は、匂いを嗅ぎたくなる。

・黒髪声の感想

思わず匂いを嗅ぎたくなる声などというのは、なかなかない。
今言ったのは、その声を発している人の匂いを嗅ぎたくなるという意味ではなくて、
声そのものの匂いを嗅ぎたくなるという意味だ。
遥そらの声を聞いていると、この声の周囲には匂いが漂っているのではないかと、一瞬、幻視いや幻嗅してしまう。
この声はとても上品だ、そして光沢に溢れている。
陽の光に照らされてしっとりとした佇まいを見せる黒髪のような美しさ、
落ち着きがあり上品で、凛とした雰囲気を持ちながらも同時に可愛らしくもある。
黒髪声、いや正確に言えば黒髪ロング声。
これほどまでに黒髪でロングな声を、今までに聞いた事がない。

声に姿勢があるならば、この声は姿勢を正している。
それも、張り詰めて緊張したような姿勢ではなくて、
そうであることが自然で、なんら緊張のあとを感じさせないような、育ちの良さを感じさせる声だ。



・作品の感想

上述した黒髪声が当てられているのがメインヒロインの聖良なのだが、声に負けないくらい素晴らしいキャラクターだった、可愛いの権化。
とにかくこの作品は聖良だけでもっているんじゃないかというくらい存在感があり、萌え度の高いキャラクターだった。
まあその可愛さは本編で堪能してもらうとして、不満を感じたのはエッチシーンの物足りなさ、変態度の低さだった。
一応この作品、萌え抜きゲーだと思ってプレイしたのだけれど、萌えに関して言えば十分合格点ながら、抜きに関しては不合格。
圧倒的に変態レベルが足りないといわざるを得ない。

例えば同じく萌え抜きゲーである「セイイキ」シリーズと比べたときに、シーンの数やエロシーンそのものの質においては負けていないと思う。
しかし、エロのはっちゃけぐあい、変態レベルの高さという点から言えば、
控えめに言えば大人しいということになるだろうが、はっきり言ってしまえば負けている。
もちろんこれは、客層というか、需要を見据えてあえて変態レベルを控えめにしているのかもしれない。
つまり、あまり変態的シチュを入れると引いてしまう人もいるだろうから、という理由なのかもしれない。
だとしたら…、まあ仕方がないとしか言いようがない。
これからは、もう少し慎重に情報収集してから手を伸ばすようにしようと、心に誓うだけだ。
ただ、いちユーザーとして、素直に感想を述べれば、聖良は凄く好みで可愛いと思ったけれど、エッチシーンがノーマルすぎて残念、という感じだろうか。

できれば、目隠しをしたかった。
ノーパンで学校に通わせたかったし、ローターかバイブをつけたまま授業を受けさせたかった。
さすがに他の男に襲わせろとか、輪姦させろとまでは言わないものの、
せめて、羞恥プレイぐらいあってもいいのでは?、と思ってしまった。
いやせめて、ソフトSMくらいはあって欲しかった…、聖良はMっ気あるんだからきちんといじめてあげた方がいいのでは?

何とももったいないゲーム、聖良が素晴らしい黒髪声で好みのキャラだっただけに、惜しい、とても惜しい。
正直言うと無茶苦茶に汚してやりたいな、という黒い欲望が渦巻いていて、その欲望が行き場所がなくてもやもやしてる、そんな感じの精神状態。
やっぱアレだね、普段羞恥とか恥辱とか陵辱とかで抜いてる人間が、柄にもなくこういう作品に手を出したらダメってことですかね?
抜きたいけど抜けないという、違う意味での生殺し状態でつらい………、
というのはちょっと大げさに言ってみただけで冗談みたいなものなんだけど…、でもやっぱつらい、聖良が良キャラだけに惜しい。

「彼女のセイイキ」が良作な上に神おしっこシチュにめぐり合えたので、あれっもしかして普通の萌え抜きゲーでもいける?、とか思ったけど無理でした。
「セイイキ」シリーズは変態度がやや高めの萌え抜きゲーなんで守備範囲なんだけど、これは無理だった残念。
要するに萌え抜きゲーって言っても色々あるんだなあ、と普段辱ゲーで抜いている自分は思った次第。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい500回くらい参照されています。