hoshikenさんの「クリムゾン・ルナティクス」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

王道・純愛・陵辱・ハーレム。総合エンターティメントたるエロゲの強みが存分に発揮された名作!
お涙頂戴作品も素敵だけど、せっかくの空想だもの、倫理を無視したこともしてみたいよね。
エロゲの魅力とは何なのか、「エロも含めた18禁だからこそ可能な表現」がその一つではなかろうか。

「エリート魔法学園に入学した一般生徒の主人公がエリートヒロイン達と親交を深めつつ、裏では世界征服を企む魔王としてヒロインを陵辱しまくる」
本作を簡単に説明するとそんな感じ。


廊下でぶつかり出合い頭から喧嘩し、
「あ、あんたさっきの!」と新しい教室で再開する王道展開のツンデレ風味ヒロインと純愛を育みつつ、
魔王として、正体を隠して処女を奪い陵辱し、
翌日の学校で級友として何食わぬ顔で会話しながら、心の中で陵辱中のヒロインの姿を思い浮かべる。うむ、勃起。

上の展開だけ見ると酷すぎて心が痛む良識人もいるかもしれないけど、
「一度死んだ命を淫魔の女王に繋ぎとめられており、魔王としてヒロインを陵辱して悪堕ちさせないと死んでしまう」設定のおかげで、
陵辱に対する心理的ハードルも下がる(ハズ)。
主人公も当初は憎からず思っているヒロイの陵辱に乗り気ではなく、でも男の子だものいざ犯すときは興奮し、
でもやっぱり事後には罪悪感があり、しかし生きるためには仕方ないと陵辱を続けていき、次第に魔王として覚醒していくという流れで感情移入し易い。


また魔王といっても当人に大した魔力はなく、淫魔の女王に与えられた仮初の力であり、
魔王の力を使っても、当初はヒロインと正面から闘えば一対一でも問答無用でボコボコにされ、
絡め手を使い弱体化させる魔法を使ってようやく屈服させる程度の力しかない。

そんな主人公が、時にヒロインから情けなく逃げ回りつつも次第に力をつけ、
本物の"魔王"としてヒロイン達を魔力でも快楽でも屈服させ悪堕ちさせモノにしハーレムを築き、最終的には自身を縛る淫魔の女王にも下克上する。
シナリオが良いと言うと語弊があるが、展開が熱いのだ。男の子のココロを存分にくすぐってくれる。


Hシーンについては同ブランドの作品にしては触手や異種姦少なめ、主人公とクズ市民の人間チンポでヒロインを犯しまくる。
また他の魔法戦士作品との違いとして、変身後の姿もヒロイン本人だと初めから認知されているため、
公開陵辱のシーンは全て「ヒロイン本人として」同じ学校の生徒達に痴態を晒すことになる。
触手少な目・初めから正体バレについては賛否分かれるところかとは思うが、
引き伸ばすことなく初回のHシーンからしっかりヒロインの処女を奪い、勢いを落とさず実用性の高いシーンがその後も連発されるので、初心者に優しい作り。


個人的な不満点としては、メインヒロインの巫小耶が非常に好みだったので、主人公と巫小耶のHがもう少し見たかった。
こうね、他の男に散々犯させてエロエロになった体を主人公視点で楽しみたいんですよ。完璧に個人的な性癖の話ですけどね。
まあ用済みのクズ市民達は最終的には酷い目にあったり場合によっては主人公がキッチリ殺すので、そこは良かったかな。


エロも実用度が高く、シナリオもわくわくさせてくれた本作、大満足でした!

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1398回くらい参照されています。