lelouch0111さんの「聖学少女探偵舎 Vol.3 名探偵、参上!」の感想

光ものはあるが改善点が多く低い点をつけるほかない。
本作品は『おすすめ!同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2012 for Novel and ADV』の脚本部門にノミネート。
収録内容: 全10話+断片集(その他予告やコラム有り)

システム面については画面が3種類大きさを選べかなり見やすくなりました。
これは個人的に高評価です。
ただ如何せんキャラクターの発言や思考など一つ一つの情報量が多い。出てきた言葉を整理したくても次々と提示されるので理解が追いつかずかつ難しいため読んでいるというより読まされている感じ。
これって一応ゲームですよね?紙媒体の本を読んでいるわけではないのですから画面の揺れやフラッシュ(所謂演出)を使ったり一枚絵バッと出して理解しにくい点をわかりやすく表現して欲しいです。
以下簡略的にまとめてみました。


〇プラスポイント
・画面を大きくしたことで格段に文章が読みやすくなった。
・番外編22話はハラハラドキドキ。とある人物の過去だったと知り現在のあの性格は納得、化け物だと思っていたのに過去編で親近感が沸き彼女が出ただけでニヤリとさせられる。
・安楽椅子探偵 巴の推理には度々うならされた。本格ミステリーとしても頷ける。

〇マイナスポイント
・一枚絵なし。本業がシナリオライターであったにしてもこれがあるのとないのとでは推理のしやすさや理解しやすさに違いが出る。
・各話の時系列がバラバラ。意図して行っているにしてもそれが逆に読みにくい要因になっている感じを受けた。
・急に新キャラ登場。「こんなやついたっけ?」唐突すぎて物語について行けず。 例:住田はるか
・とにかく推理小説を全く読まない人間には取っつきにくく理解しづらい。初心者にも優しい作りに例えばコラム以外に各話の解説コーナーなどを設けるべき。
・セーブとロードが非常にやりにくい。改善の余地あり。


個人的にはscriptは外注に頼み製作者は脚本と絵に集中するべきと思います。
脚本に光モノがあるのにもったいない。2年単位(不定期リリース)でも構いませんからしっかりとした作品を作るべきです。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい66回くらい参照されています。