amaginoboruさんの「私のリアルは充実しすぎている」の感想

商用作品に引けを取らないクオリティと、乙女ゲーとしてのとっつきやすさは確かに素晴らしい。しかし肝心要である攻略対象の魅力が「そこそこ」なのが惜しい。名作と評するにはもう1つ何かアクセントが欲しいところです。乙女ゲー・キャラゲー入門としてオススメしますが、ベテランのキャラゲープレイヤーは過度な期待をするとガッカリするかも。
「乙女ゲーも意外といける!面白い!」
「このクオリティでフリー作品とかありえない!」

わかります。私もそう思います。
でもそこまで凄いクオリティなのかってーと、実はそうでもない。
良作以上名作未満、といったところでしょうか。


子犬属性の歩君。見た目王子中身うんこ野郎、でも不器用ながら優しい穂積。
そして主人公を根暗オタからリア充へ導いてくれた義弟・隼。
いずれのキャラも掛け合いは面白く、時に甘いセリフでズキューン!と胸を打ち抜かれ、
頬を真っ赤に染める様にはニヨニヨさせられます。いずれも魅力的な攻略対象です。

それでいてエロゲの濫造キャラゲーにありがちなクドさを感じさせない、あっさり
さっぱり味で表現されています。
一方で主人公の希美にはウザくない程度の個性付けがされていて、ギャグにシリアス
にと大活躍。主人公が攻略対象の魅力を引き出すタイプのキャラゲーなのがわかります。

システム方面も充実していて、スキップ・選択肢スキップの両方が搭載され、フロー
チャートもまで完備と至れり尽くせり。何よりフリーだからお金を気にせず、遊ぶことが
できます。


おおよそ隙のない作品構成ですが、私的にはプレイ後には物足りなさを感じました。
というのも攻略対象があっさり味すぎるんですよね。付加要素がなさすぎて魅力を
主人公に引き出して貰っているから、どうにも印象に残りづらい。クセがないから
「薄い」んです。

隙のない万能型キャラゲーで真っ先に思いつくのが「パルフェ」なのですが、
カトレアのキャラ付けや里伽子シナリオの感動のような、もう1つのアクセントが
本作にはありません。そこに私は物足りなさを感じた次第です。


乙女ゲーということでつい見落としてしまいがちですが、本作をノベルゲーとして
カテゴライズすれば、萌えゲー・キャラゲーに相当します。
それらで最も重要視されるべき要素は、攻略対象のキャラ個性です。

本作は確かに秀作です。よく出来ています。隙がありません。
しかし売りであるべき要素まで「隙がない」程度で留まってしまい、プラスαがない。
ゆえに上品だけど特色のないキャラ風味となってしまっています。
私が本作に高得点をつけなかった理由はそこにあります。より面白いキャラゲーを
沢山知っているからです。

反面クセがないから、キャラゲーに耐性のない人には非常に取っ付きやすい、間口の
広い作品でもあります。パルフェなどと並び、ノベルゲー入門用としては非常に優秀では
ないでしょうか。

隙のないキャラゲー入門用作品。私は本作をそのように評します。



蛇足1
結局のところ本作は「乙女ゲー」「フリー」という2要素で評価を受けた結果
名作フリーと呼ばれています。加えてキャラゲーとしても欠点はないから、そちら方面
でも秀逸とされてしまった気がします。

というかエロゲにも面白く床ローリングできるキャラゲーいっぱいあるんで、本作を
面白いと感じた方には是非プレイをば。萌えゲーキャラゲーにも良作名作は沢山あるの
ですよ。抜きゲーとかと同じで。


蛇足2
このクオリティならお金取ってくださいホント。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい208回くらい参照されています。