oBtさんの「放課後の不適格者」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

音楽周りとか夕焼けの教室とか色々と良いところはあるんだけども……
擁護出来ない程シナリオが穴だらけで酷い。

まず、私はプレイしたゲームに対して求めているものがいくつかありまして。

・魅力的なキャラクター
・謎の解明などがなされたシナリオ
・UIや音楽等シナリオ以外の部分

大まかにこの3つでしょうか。これを基本に語ろうかと思います。


・キャラクター
朝顔と夕顔、イツカの「私たちは全員で後悔するか、全員で無茶するしかない」という関係性や奏が主人公に惚れるに至ったファーストコンタクト、純との県大会エピソードなど「おおっ!」と唸るところは幾つかありました。
が、しかし。基本的に物語は改造手術を施されたクラスメイトを殺さなければならない主人公の葛藤と、限られた時間をどう過ごすべきなのかという事に焦点が置かれており、それらの関係性を納得出来るほどのエピソードが少なく、非常に残念に感じてしまいました。
「こういうことがあった」だけではなく、CG付きの回想シーンをつけるとか、それを補強できるような関連するエピソードが欲しかったなぁ。そうすればもう少し魅力的なキャラクター、関係性があると自信を持って人に薦められた(シナリオがアレなので結局難しいのだけれども)

ちなみに個人的にイツカくんに対する評価は微妙。一般的な感性を持った優しくて弱いキャラだなー、と思いつつも自罰と否定の結果、死に際のヒロインとの約束を破るような形でタイムリープしてしまうので。


・設定やシナリオ
何故こういう事になっているのかと疑問符を浮かべつつOPまでプレイ。バス襲撃からの研究所みたいな施設へ誘拐されて「ハハーン?謎の組織による超能力実験か何かかに巻き込まれたのか」と想像。回想が終わり主人公たちなりの解釈や説明があるのかと思っていたら、あの日の悪夢─みたいな感じで終わり。氷解した筈の疑問符の中から大量の疑問符が溢れ出てきたよ。
いやね、カプセル内で改造(?)→爆発事故に紛れて脱走ってのは確かにそうだよ。変な奴等に誘拐されただけだと思ったら気絶してる間に改造手術を施されていたとしか言いようがない。でもさ、何も詳細が無いやん。主人公たちは分かっていてもプレイヤーたる我々には情報が何も無いんです。だから主人公に過去を思い出すシーンとか再度整理するようなシーンを入れることで情報共有が図れる。
ここで一番最初の化け物に変身してしまった時の話の詳細が必要だと思うんですよ。
「脱走中に一人が覚醒したけど主人公が何とか(殺)しました!操られているみたいで警察なんかに話そうとしても喋れないし自殺自傷もできないよ!だから何故か操られない主人公だけが頼りなんだ!」とだけ語られて終わり。
後半は分かるけど一番最初の戦闘がサラッと流されてるのが非常に雑に感じる。特典(?)のドラマCDでは恐慌状態に陥ったクラスメイト達が主人公に怯えるシーン、名付きのサブキャラ達やヒロインが擁護してくれたりするシーンがあったけどなんでこれを本編でザックリとだけでも書かなかったんだろうか……。聞く前まではご都合主義感があったよ。
その他どんどん数が減っている主人公のクラスに学校側は疑問を持たないのか、別のクラスの人間はどう思っているのかなど細かい部分も色々ある。褒められる部分もあるけど全体的に雑で描写が薄く感じる。

個別√はどれも同じ展開。その√で仲良くなったモブキャラが怪人化。ヒロインと急接近したけどヒロインもすぐに怪人化して殺してしまってそのことに絶望してタイムリープ。それぞれの√で事件は起こるけれどやっぱり描写不足(理解力不足かもしれないが)に進んでなんだかなぁという印象に。

始まりの日の爆発事故はタイムリープした主人公が起こしていて、その時に転校生の末永に出会っていたのだ!という時には意味深な彼女のそれまでの行動に納得がいったんだけれども、√クリアを重ねるにつれ「末永ちゃんよく精神が正常でいられたな……」という感想しか出て来なくなった。自分を知る謎の男に意味深な事を言われたと思ったら死体が溶けてなくなるし、さっき看取った人間と同じ顔をした男が同様に日記帳を託して死ぬし、逃げ出そうとした先で軍人に殺されそうになった所をさっき2回も看取った男が自分を助けるために死ぬ。頭おかしくなるでしょこんなん。
それ以外にタイムリープにはいくつか疑問がありますけどね。東西どっちの探索をするべきか悩むシーンでのこと。

2回目のタイムリープ
賭けで西と決めて部屋から出ようとした瞬間に警報が鳴る。

3回目のタイムリープ
机に刻まれた文字から東と決めて部屋から出ようとした瞬間に警報が鳴る。

一見問題ないように見えるけれど、タイムリープの性質上この時の研究所には複数の『常磐イツカ』が居ることになっているので、同じ状況で警報が鳴ってるということは別の時空から来た『常磐イツカ』と出会ってしまうことになるのです。しかもロックの掛かった末永√後のタイムリープ。3回イツカを看取った後の末永の前に気絶した状態で出会って手当てされてから研究所に戻っているのは「えぇ……」と声が出てしまった。
時間がどのくらい経ったかは書いてないし、再生能力を考えればもしかしたら数時間で目を覚ましたのかもしれないけど、普通の女子学生が男子学生を背負って山から住宅街へ向かうのはかなりの時間と労力がかかるよね。3回目のイツカでは勝てないと逃げた白スーツ(異世界イツカ)からもさっきぶりだなと言われて時系列おかしくね?と思ってしまった。


元凶の誘拐事件を起こしたのは異世界イツカのせいだと判明したけれど、不適格者ではない異世界イツカは何者かに操られてこの世界で実験をしただけという事が明かされるが真の黒幕は分からないまま。
また、改造に関しても解説が一切ないし、不適格者のイツカは貴重だという異世界イツカの発言も、「へーなんだか壮大な感じだねー伝わらないけど」としか思えない。



クリアしても結局殆どが解明されないので薄っぺらい、ご都合主義と感じてしまった。
戦闘シーンについては怪人化してからじゃないと精神が堪えられないのは仕方ないにしても戦闘後に人の姿に戻ってるのはいいのかな?とか、頭に原因が居るから頭を潰せば──ってことは分かってるのに何故毎回瀕死になるまでボコボコにする必要があるのか?という疑問は少しある。万全の状態では頭を潰しても再生されてしまうのならそういう説明があってほしい。
攻撃予告しながらのバトルはなんかシュールだし全体的に同じシチュばかりなのでつまらなかったけれど、純くんとの戦いの後のトークは良かったなぁ。二人の関係性がよーく伝わってきた。


ところで全寮制の学校なのに純くんはスクーター通学らしいっすけど随分離れたところに寮があるってことなのかね?

・UIや音楽など
夕焼けの背景がすごくいい
音楽は最高(OPのサナギでクソゲーの評判を知りつつも購入をキメた)
バックログジャンプが無いのが残念


総合評価
『巷で言われてる程クソとは感じなかったけれど、どちらかといえばクソゲー』

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい38回くらい参照されています。