broadsnowさんの「赤さんと吸血鬼。」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

いやーとても笑った、笑った。・・・・・・え?これギャグゲーじゃないの!?笑うところばっかりじゃん!
地の文における描写、例えば主人公・西桐悠の行動の描写が「俺は・・・した」と「悠は・・・した」という風に悠の視点といわゆる神の視点とが混在している。そしてこの表記の差異に特に意味があるようには感じられない。笑うしかない。


既にダイジェスト版などと揶揄されているように、クリック1つで話が様変わりし、あっという間に場面が転換される。Hシーンが入る場合は尚更酷い有様である。日常シーン→Hシーン→日常シーンと急転直下の大転換を何度も繰り返される。しかも日常シーンが終わり暗転した直後にHCGが表示されることも多々ある。本当にダイジェスト体験版をプレイしているかのような印象を受ける。むしろ未完成状態と言えるだろう。もう笑うしかない。

そもそも何の脈絡もなくHシーンに入る。とてもコンシューマ化し易そう、この不自然なHシーンを丸々削除すればいいのだから。もう笑う(ry。

内容も知識のひけらかしとしか思えない内容が多い。現実でもそのような場面はあるし、前提知識がなければ理解できない場合もあるから、多少であればそれほど違和感も不愉快な気持ちも抱かないだろう。しかし伏線にもならず、度を超えて数の多いそれは単なるライターの知識のひけらかしに他ならない。

加えて言うならば、膠原病の説明に関して
『膠原質(コラーゲン)に関わる異常の総称やな。コラーゲンゆーのは本来、動物の結合組織の主成分であり、繊維上の硬タンパク質を指す
骨と骨の間のクッション。筋肉や内蔵を結びつける肉体の糊。膠。お肌をしっとりさせるのはついでみたいなモンや。無いと全身バラバラやで』
とドヤ顔すら連想出来る程度に知識をひけらかしているが、本作はさながらそのコラーゲンがないため、作品全体がバラバラになったいい手本である。完全なる自虐ネタだな。こちらは苦笑で応じよう。


肝試し終了後のシーン

夜も更け、秋月の企んだ式次も一通りが終了し、寮へと戻る。
一同はケシズミ&赤さんと温かいコーヒーに迎えられ、思い思いにリラックスしていた。
アクセルに至ってはすっかり定位置と化したソファに寝転び、胸を狙いしつこく這い寄る赤さんに指を咥えさせている。
どうやら赤さんでも、アクセルの胸を陥落することは出来なかったようだ。
一同はケシズミ&赤さんと温かいコーヒーに迎えられ、思い思いにリラックスしていた。

2回も言って強調するほどにリラックスすることは大事なことだったのだ。ここ笑うところだろう?


終盤のバトル直前のシーン
『秋月「ぬおぅ、ケシズミセンセー!?」
石原「生嶋。ヨシズミだ、ヨシズミ」』
私「いや、お前ホズミだろ」
本人が名前間違ってる。超ウケルんですけどー。


吸血鬼モノということであり、ヴァンパイアハンターが出てくるのは当然予想される。正体不明の転校生(コンラートと奈柄)がその候補なのは異存がないだろう。そして実際に戦闘が起こる可能性は十分ある(OPを見れば確実にあるとわかる)。そして場合によってはコンラート達がブラフだというのも予想される。ここまでは当然織り込み済みだった。
しかし、いい歳した○○○○(自主規制)が技名を叫び出したときは腹筋が崩壊しそうだった。そんなに笑わせるなよ。


『良識的なヤンキー風少女』という琴乃奈柄の2回のHシーンがいずれも逆レイプ。1回目は不意を突いて投げ飛ばして逆レイプ、2回目は術使って催眠状態にして逆レイプ。説明と実際のキャラの言動が全くもって合致してない。ここ笑うところだろ?
尤も主人公が受け身で基本的にヒロイン側が積極的に迫って行為に至るわけでだいたい逆レイプみたいなものだがな!


オープニングムービーで
『いったい赤さんは誰の子なのか?
そして本当に甘ラブに移行できるのか?』
とある。
これを見て素直にイメージするのは、
・赤さんの正体が中盤から終盤に明かされるのだろうという点
・子育てが大変でなかなかヒロインと恋仲になれないのだろうという点
であろう。
しかし実際のゲーム内容はこれとはおおよそ合致しない。
・赤さんの正体は序盤で判明する。しかもその中身がトンデモ設定である。
・ヒロインが積極的で全ヒロインと序盤でセックスする。しかもお互い知っても修羅場展開なしのご都合主義を発動。

最早、爆笑レベルだろう?

過去作「あえて無視するキミとの未来」でも同様だったが、キャッチコピーと実際の内容の齟齬が全くもって著しい。


悠はサトリの能力に‘読まれてもいい状態(記憶喪失)’に仕上げられた筈なのに、実際は‘とても読みにくい状態’だったと矛盾していたり、赤さんが結局何故・どうやって・どのような経緯で来たのかという根本的なところは投げっぱなしだったり、とほかにも笑いどころが多々あるが、イチイチ挙げていたら日が暮れるし、あと単純に面倒になったのでこれにて終わりとする。

新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

broadsnowさんの「赤さんと吸血鬼。」の感想へのレス

お初にお目にかかります。
大変参考になる感想なのですが、終盤にある「ヒロインが積極的で全ヒロインと序盤でセックスする。しかもお互い知っても修羅場展開なしのご都合主義を発動。」というのはどういう事なのでしょうか。
普通に考えれば主人公の書き間違えなのだと思いますがここまで内容がアレですと一概にそうとも言えないため、よろしければ参考までお教えいただければと思います。
2013年12月05日20時15分18秒
誤解を与えてしまい失礼しました。

当該箇所は
『ヒロインが積極的で、(主人公は)全ヒロインと序盤でセックスする。』
という認識で書いておりました。しかし主語の『主人公は』というフレーズを省略してしまったため、ヒロイン同士でセックスしているようにしか見えませんね。大変失礼しました。

上記部分を正確に表現するなら

『ヒロインが積極的に主人公に性行為を迫り、その結果として主人公は全ヒロインと序盤でセックスしてしまう。しかもヒロイン達は他のヒロインも主人公と関係を持ったことを知っても、とても冷静で修羅場に発展しない』

といったところでしょうか。
2013年12月06日00時27分52秒
返信感謝いたします。
これはこちらの勘違いですね・・・申し訳ない。
おかげで参考になりました。有難うございました。
2013年12月06日00時56分32秒

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい3929回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。