bichigusoさんの「ずっとすきしてたくさんすきして」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

バカップル部分は本物
ヒロインの特徴をまだ掴み切れず誰から攻略しようかも決まっていない内に早速分岐で焦る。
選択肢で永遠が隠されていたので重要キャラなのかと思い上から順に攻略していくことにしたが、むしろ逆が正解だった。
最後に永遠ルートをプレイしたため後味が良くない。
それ以外のルートは余裕で合格点。
はじめてのxxは分散しているしキスもHも早くて徐々に接近していくトキメキ感はあまりない。
しかしヤッてしまってからは謳い文句通りのバカップルぶり。
これは主人公が自分も一緒に舞い上がってバカになれるのが大きい。
ヒロインがデレデレになるゲームは多々あるが、男側が妙に冷めていたり照れて本心を言わなかったり依存はよくないとヒロイン矯正に走ったり、主人公がストッパーになってしまっていることもまた多い。
それでいてイチャラブを標榜している作品に何回騙されたことか。
ガールズトークのノロケはニヤニヤ出来るしシナリオに胸糞やシリアスが無いのも当然本作の評価点。

さて永遠ルートのどこが気に入らなかったかというと序盤と終盤。
popomonの中身が主人公だからだったこそ永遠は恋をしたとライターはもっていきたいのだろうが、正体が主人公だったのはただの結果論にうつる。
また主人公の方も、もう永遠ルートに入っておりこっちはすっかりその気になっているのに永遠と馬の骨の恋を元気に応援するという奇行に走るので頭が痛くなる。
kokonaに「popomonが二人で話があるって」と扇動するsubsmillにも勝手なことしてんじゃねーぞとイライラ。
そして付き合うことになった直後に「リアルで会いませんか?」キモ!!
主人公これ本当にキモいから!!!
とにかくネトゲ絡みの部分が酷くて早々にやる気なくした。
というか永遠のオタク趣味も外見が泉こなたっぽいというくらいしか匂わせるものがない。
カードゲーム無敵の来夏の方がよっぽどだよ。
終盤謎の友情展開があってまたげっそり。
バカップルゲーに第三者との絆確認とか不純物でしかない。
他のルートと足並みを揃えてイチャイチャだけにフォーカスしてくれていれば文句のつけようもなかった。
ついでにHシーンのテキスト(台詞)は最悪。
呂律回らなくてちゃんと発音しない喘ぎ本当に嫌い。
イライラしてシコるどころじゃない。

最も気に入ったヒロインは来夏。
次点で香春。

EDを声優が歌ってたりそうじゃなかったり、統一感は欲しかったところ。
風呂場Hの声エフェクト-5点×3人で計-15点。

bichigusoさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ