isumiさんの「私は女優になりたいの」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

私は女優になりたいの私は女優にならなければいけなかったの私は女優になるの
女優になりたい少女が部活でぐだぐだ映画を撮りつつ、幼馴染みの男の子と甘酸っぱいことやったり、幼馴染みのストーカーとキャッキャうふふしたり、なんかそんな感触の作品。
……嘘です。ほんとです。カオスです。

大体からして女の子にエスカルゴ斉藤とかいうあだ名付けるこの世界はおかしい。
1話目で幼馴染みといい雰囲気になってプレイヤー置いてきぼりだし、2話目でクロマキがどうのシロマキがどうので魔法少女に変身するし。
かと思うと4話目では乙女ゲームチックでほんのりBL風味だし……。
展開が行き当たりばったりで稚拙なんですよ。
面白いところもあるし飽きずに楽しめる、そして変身シーンにはムービーも入る凝りよう。
でも展開はちぐはぐでとりあえず入れられるだけの要素は入れておきましたというような、クソゲーなのかバカゲーなのか非常に判断に困る作品でした。

しかし意外や意外、本作はどちらでもなくシナリオゲーでした。
振り返ってみれば、そういうことだったんだなと。そして私はまんまとその策に引っかかってしまったようです。
欲を言えば5話~最終話で明かされる真相は、前の段階から伏線をちりばめておいてほしかったなとも。
もう少し丁寧に明かしてほしい真相でありました。

魔法少女に青春にと色々ぶち込んだ、ごった煮ちゃんぽんゲームでした。
あんまり突っ込んで感想を書いてしまうとこれからプレイする方が楽しめなくなるので、最後に一言だけ。

「カオスが楽しめるのならおすすめ!」

以下、それでもちょっと突っ込んでおきたい疑問点と感想(ネタバレ)































・アカネの暴走を止めるために白石がしたことは何の意味があったのか
・……まぁ救いがあるのかないのかと言ったら前者だよね。彼女はこれからも女優であり続けていくのでしょう
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい295回くらい参照されています。