CUTACさんの「月に寄りそう乙女の作法」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

女装主人公・主従モノ、この2属性を持つかどうかで20点くらい変わってもおかしくないピーキーな作品。というかルナ様ゲー。
■シナリオ

・湊
可もなく不可もなく……というよりは山無し意味無しオチ無しと言った方がいいかも。
主人公の家庭環境の問題やその他ヒロインを結構な遠くへ放り投げて物語が進む。
毒にはならない内容なので読み進めるのにそう苦痛はないが、面白いかと言うと……?
変人だらけの共同生活の中で唯一潤滑油たり得る社交性と大らかさを持っていて、
キャラクタ自体は非常に好感度が高い。
でも一番株が上がったのは別√で振られるときなんだよね、可哀想。

・瑞穂
湊√とは逆にかなり人を選ぶ出来。
プロットとしては間違い無く湊よりは凝ってるのだが、
男嫌いになった理由など自分には「えー……」と素直に頷けない部分が目立った。
また、ヒロイン達の中で必要性があまり感じらない立ち位置であり、
おっとりお嬢様というテンプレートをはみ出ることの無いキャラ造形を見ても
キツイ言い方だが存在意義があまり感じられなかったと言う他無い。
おっとり系のテンプレが好物ならそれなりに楽しめるとは思う。

・ユルシュール
おそらくヒロインの中で最も王道のシナリオ。
キャラクタも外見は金髪ツインテの高慢お嬢様というテンプレートなのだが、
日本語が拙いせいで口が悪く見えるだけで、その実非常に優しく芯に強い意志を持った憎めない愛されキャラ。
主人公と手を取り合ってルナ様という巨大な壁を乗り越える様はなかなか完成度が高かった。
そのためキャラが特別気に入らずとも楽しめるようなシナリオにはなっているが、
刺激は若干少なめだろうか。

・ルナ
恐らく物語のプロット自体はユルシュール√の方が緩急もあって盛り上がる作りになっている。
それでもこのゲームをプレイしたユーザの多くが口を揃えるように「ルナゲー」と言うのは
この√で起こる全てのイベントで、主人公とルナの心の距離が必ず縮まり、
そしてそれが丁寧に描写されているからだろう。
既に4度ルナ√をクリアしているが、ただひたすらルナ様を可愛く格好良く魅せることに収束するシナリオは、
二人の距離が縮まる段階を先に決めてそれに合わせてイベントを配置したのではないかと思えるほどの完成度である。
確かに起こるイベント自体には特筆すべき点もなく、さらに言えば少々の疑問が湧くような部分も見られるのだが、
そんなことどうでもええねんワシはルナ様をお前らプレイヤーがかわかわするためだけに作ってるねん、という気概すら感じさせるレベルのルナ様崇拝なのだ。
ここまで徹底されると、重箱の隅をつつくようなことは野暮。
ただ「お優しいルナ様。お慕い申し上げております」それだけだ。

とはいえ女装主人公との百合落ちの瀬戸際で揺れる少女に萌えたり、
格好いい女の子に全力で尽くす主従関係だったりがメインなので、
これに何の反応も示さない方にとっては「まぁ普通」という評価が妥当だろう。
自分は完璧にハマったからこその高得点である。
200本ほどエロゲを消化して、その中でも五指に入るくらい気に入ったヒロインなので致し方ないのだが。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1086回くらい参照されています。