Gore Screaming Showさんの「恋がさくころ桜どき」の感想

エロゲーを買ったと思ったら乙女ゲーの男視点だった
ジャンルは見ての通りのキャラゲーだが、このゲームはいろいろと他の作品では味わえないものに挑戦している。
普通、キャラゲーというのは男にとって都合の良い恋愛が描かれてるわけだがこのゲームで描かれているのはなんと”女にとって都合の良い恋愛”。
女の理想を具現化した主人公に始まり、そこらへんの少女マンガを覗いたって見れないんじゃないかというくらいのご都合主義!
極めつけは個別ルートへ入ると、男の願望なんぞ打ち砕かんとばかりになぜかどのヒロインも共通では見せてくれなかったあの娘の別の顔!(心優しいヒロインがなぜか小さい事で理解不能な癇癪を起こし、思考すべてがめんどくさいリアル女そのままに豹変します。)
素晴らしい!まさに女の子のためのエロゲ!近年私の知らないところで増えていた女性エロゲーマーへの配慮なんですね!


まあ・・・おふざけはここまでにして言わせて貰うと、本当に期待ハズレでした。
女性ライターの悪いところばかりが出てしまった印象。
この女性ライターは更年期なんですか?
一番の戦犯はやはりライターなわけですが、そもそもこういうコンセプトでゲームを作ってしまうぱれっとというブランドそのものが根本的に問題あるのではと思わされます。
妹ルートで散々叩かれていたましろ色から何の進歩もしていない。
エロゲの妹に世間の倫理観がどうのこうのの話はイラネーです・・・。

個人的3大うざかったシーン
・おっとり幼なじみが本当にしょうもないことで主人公にキレるシーン
・妹個別で主人公と妹の恋愛に気づいた母親が自分の教育が間違ってたのかなと泣きながら別れろと言うシーン
・月嶋がいきなり主人公と●れるとか言い始めたシーン

期待し過ぎたというのもあるんでしょうが、それでも人にはあまりオススメしたくない作品ですね・・・。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい2651回くらい参照されています。