まつさんの「恋がさくころ桜どき」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

夕莉ちゃんが可愛いのは体験版やって百も承知していたけど、本編を開ければ彼女はまだあと2回位変身を残してました
まず、辛辣な評価が目に付くこの「恋がさくころ桜どき」という作品ですが、私は素直に楽しめました。

まぁ全ルート感想書く前に力尽きたんで、夕莉とティナに主眼を置きながら。



【夕莉ルート】

今作で一番気に入っているルート。
まず夕莉がとんでもなく可愛いわけで、普段体験版などには見向きもしないような私が、この子目当てに体験版を公開その日のうちにやってしまうんだから、この気持ち分かっていただけるでしょうか。
責任感が強く真面目な所謂委員長気質でありながら、裏表なく素直で随所に見られるさりげない優しさに非常に好感が持てます。

さて肝心のシナリオについて、まずは恋人関係が成立するまでの過程だけど、悠真との会話や、共に行動する中で徐々に彼へ惹かれていく様子が丁寧に描かれながらも、持ち前のネガティブな性格と、親友の美桜に対する躊躇から、なかなか一歩を踏み出す勇気が持てないんですよね。
それでも花子に発破をかけられながら告白することを決意する夕莉の姿は、恋の妖精なんかじゃなくても応援せざるを得ない程に彼女の頑張りがリアルに伝わってきて、悠真に思いを告げた瞬間なんて思わず涙腺が緩んでしまったし、その後の美桜の失恋描写でも涙を誘われました。

晴れて恋人同士となった後も、互いに意識するあまり気負って空回りしたり、はたまた遠慮がちだったりと初々しいやりとりに頬が緩んでしまいます。
徐々に相手を理解し、少しづつ接近していく距離感も、付き合う以前と同様丁寧に描写され、このような積み重ねがあるからこそ、ここぞという時に大いに輝くんですね。
初ちゅーシーンなんて、一枚絵の魅せ方から言葉選びまで、ちょっと悠真クン気障すぎんよーと思いながらも、見事な演出でした。

それにしても、肉体的接触を思わず拒否してしまったせめてものお詫びとして、すぐさま薬局寄ってコンドームなんて買ってきちゃう夕莉さんって・・・
そんな少しズレているところなど、期待を裏切らないというか、エロに対して生真面目さも、まさに彼女らしく妙な安心感が芽生えてしまいます。
なんでしょうか、もうね、単なる「二次元の女の子に萌える」という次元を超越し、真剣にこんな子と恋愛してみたくなるような気持ちすら湧いてきましたよ。
等身大のキャラ造形というのがとてもよく出来てたと思います。

そうそう、このルートで問題視されている例のオカマなんだけど、皆が口を揃えて言ってるように、彼をシナリオに介入させてしまったのは些か強引であったと言う他ありませんが、花子の抱く疎外感や不安感、妬みなど、そのような負の感情の具象的役割として“死神”という要素を入れる余地はあったのだと個人的には納得しています。
ええ、納得してますとも…

ところで、このオカマが、一旦恋人関係を解消した二人がより生産的な恋愛へ向き合うことになった点に寄与していると考えれば、死神とはその実、ある一面では“幸”を運ぶ天使でもあると作中で触れられていたのを思い出します。
タロットカードのように、こうした表裏一体の関係性を有するのが本作でいう“死神”という存在なんですよね。
そして恋というのも、こなみルートでの副会長の言葉を借りれば「恋愛とは辛いものだが、どうしようもなく楽しいもんだ」とあるように、決して一面だけでは捉えることが出来ないものとして、本作における恋愛観がここに垣間見えてきます。

余談ですが、共通ルート部分にあった「わたし、一番になりたいかも」って台詞は、花子の「あんたはこの学園一の美少女になるの!」って台詞と呼応してるんですね、当初は何のことかさっぱりでしたが。




【ティナルート】

恋の妖精さんが悠真に恋をしましょうと口火を切ってから一向に進展のないまま普段通りの日常が続きます。
そんな時、ふとした拍子にティナの姉リィナのこと、そして悠真に命を譲渡したために今はもうこの世にいないのだということを知ってしまう。
ティナが悠真にべったりだったのは、ティナにとってそれは、悠真を姉の生まれ変わりだと思い込むことによる代償行為に他ならなかった。
悠真は自身の存在理由について思い悩み、一方ティナは自分の気持ちに向き合い恋を自覚します。

恋人同士になってからのティナは本当に可愛くてですね、構ってください攻撃だとか、さも当然だと言わんばかりに一緒にお風呂へ入ったりと、娘を愛でるような感覚です(想像)。

このルートの核となるのは、やっぱり死神の仕事を通してティナが恋愛について自分なりの結論を見つけることでしょうか。

残り少ない命の灯火を前にしても記憶を食べて寿命を延ばすことの出来なかったティナ。

恋とは結局のところエゴとエゴのぶつかり合いです。
悠真の恋人として隣を歩み、幸せを目一杯享受していきたいと思いは確かに本物でしたが、最後まで割り切れなかった一線として、看取った女の子の叫びを消したくはありませんでした。
なぜなら、元より他人の死を看取る死神には全くの不向きであった彼女は、みんなが恋をして幸せになって欲しいと願い、誰よりも心優しく、何よりも純粋に“恋”を知ろうとしていたから。
皮肉なことに、死神の少女が恋の妖精として最初で最後の仕事をした瞬間だったんですよね。
物語のラスト、「恋なんてするもんじゃない」という台詞は奇しくも恋する以前の主人公の台詞と一致するわけだけど、そのニュアンスの対比は巧妙でした。
“恋”の辛苦を噛み締めた上で改めて悠真が発するこの言葉は、“恋”に対する痛烈なアイロニーを含みつつも、“恋”することへの肯定を確かに内包しています。

あ、復活展開はさすがに一刻前のしんみりを返せぃ!!




【総評】

全ルートを通してみてまず目を引いたのが、ヒロイン側の視点がやけに多くて、ヒロイン側から主人公へとアプローチをかけていく点。
それなので、ヒロイン側が主人公に惹かれていく描写はすんなりと受け入れられるんですが、反面、主人公の心理が結構欠乏していたりして、、ヒロイン側が主人公を攻略していくような錯覚を見せられる、攻略側と被攻略側の逆転現象みたいなのが起きてしまっています。
今の時流を反映させてみたいで、「嫌ねぇ最近の草食系男子は、、、」なんて恨み言が世間様から聞こえてきそうですが、「好き」と言われたから「好き」と返し、とりあえず付き合ってみるのも良いじゃないですか。
どのルートでも恋への自覚が唐突な悠真クンなんだけども、逆に言えば、恋への否定を貫いてきた主人公設定が生きていると言ってもよいのかもしれません。
元より女の子に好意を寄せられていく主人公を表現し、恋を自覚させることに主眼が置かれているということならば、成程、存外上手く出来ているんじゃないでしょうか。
そもそも恋をしてみようと決心した動機が、自然と笑えるようになるためだったことを思い出していただくと、恋っていうのもこれと同じ類なのかなぁと得心がいく感じです。
笑いとは力むように生み出すようなものではなく、気付けば自然に零れ出てしまうものですから。


“恋”をするって何か、この一点に足並みを揃え展開されていく個別ルートは、出来の良い悪いは置いといて、愚直な真っ直ぐさというのが綺麗で良かったと思います。
私自身、安直に入れられた重苦しい展開とか大嫌いなんですが、やっぱり恋愛を描くにあたってそういうのって避けられないんですよね。
まぁ本作は死神ちゃんなんかも出てきてしまって強引に話を作りすぎてしまった感は拭えないですけど、やれシナリオが茶番だ陳腐だと叩く前に、このお題目に対する真摯な姿勢をまず評価したい。

例えば、
夕莉√では、二人だけの世界を構築し周囲との関係性を蔑ろにしていたと気付いた二人は、交際を解消することになります。
美桜√では、主人公の美桜への優先度が上がってしまい、周囲を蔑ろにしているように見えてしまった彼女の負担から不破が発生してしまいます。
こなみ√では、モラル上許されない二人の関係のため、母親、大事な人を泣かせてしまいます。
杏√では、エレに大して引け目を感じていた杏が、自分だけ恋愛を謳歌するという罪悪感から、本心を偽り全てをエレに託そうとします。
ティナ√では、ティナが自分のエゴから自己の消滅を選び、主人公を置いていってしまいます。

このように、個別ルートで語られる展開って、その置かれた状況等はばらばらでも、大なり小なり恋愛上のしがらみを暴き出していて、ライターの描きたかった“恋”のカタチっていうのが見えてくるような気がします。
そんな酸いも甘いも噛み分けて、さぁ恋をしましょうと。





◆各ルート毎の大まかな点数など。

夕莉ルート ・・・80点
美桜ルート ・・・55点
こなみルート・・・70点
杏ルート  ・・・70点
ティナルート・・・75点

美桜ルート、てめえだけはダメだ。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい3929回くらい参照されています。

このコメントは2人の方に投票されています。