相馬小次郎さんの「姉と俺はナカがいい」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

いろいろ強引
そりゃま、ミドルプライスボリュームだから展開が強引且つ性急っつーのは仕方がない。
だがそれを踏まえた上でも言いたくなる部分が多い。
特に地味に請った背景設定を置いている割には、掘り下げ部分が表面的にすぎず非常に浅く物足りなない。
なんで、姉が「重度のブラコン+弟を男として本気で慕っている」って事であるのだが、そうに至る一つの原因の「唯一の家族を失いたくない」って恐怖面ばかりの行動にしか見えなくもないので、好意面が取って付けただけの白々しさを感じる。
サブの茜の存在意義も希薄すぎ。あれではあんま必要性が無い。
しかも、処女厨プレイヤーの為に処女設定なのだろうけど、背景設定等からして「処女」なのはあまりにも不自然極まりなく、無理設定すぎ。

以上の事から、姉がいかに弟が好きなのか、茜と父親との関係の形と兄弟に対する想いってのが、見える場面があるのはあるが薄く、心情の説得力にも欠け、なんか全体的にスッキリしない。


主人公は「言動と行動が全く噛み合わず、基本ヘタレ」ってのは、まぁエロゲなんでこれも仕方ないとも言える。
が、作中では「流されるか己を保つか」の選択をさせるけれど、どっちを選んでも結果はほぼ流されるか暴走始めるかでしかなく、場面によっては選択肢も無く暴走。
しかも、少ない選択肢のうち2つは、どっち選んでも展開どころかテキストの変化すら全く一緒の意味無し選択肢。
上記の理由も大きくマイナスに手伝って、結果的にインモラル面に必要な「葛藤」等が表面的な口先の言い訳ばかりに見えて白々しく、「背徳感」が致命的に欠けてしまっている。
もっと「茜」ってキャラをその辺のスパイスとして大いに生かして上手く分岐させる等しながら、話を組み立てればよかったのではないかと思った。


エロシーンは多く、題名通りに姉が殆ど。
シチュは多彩で、絵も綺麗であるが、テキストが語彙的なものばかりの単純なもので、行為場面全体の雰囲気等の面ではあまりエロさを感じない。
んで、茜の声優がかな~り下手。出番4つくらいしかないのにw


全体的な雰囲気や姉のキャラ、骨子みたいな物は好きなのだが、色々足りずこの点数。





長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい2891回くらい参照されています。