nasuergsさんの「てにおはっ! ~女の子だってホントはえっちだよ?~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

序盤を終えるとやってくる怒涛のエロ。テキストは悪くなくボイスもエロさに一役買っている。ただ、エロに至るまでが短めでシーン毎のボリュームも抜きゲーとしてはやや短い印象を受けた。
エロの質自体は十分でキャラが気に入った人には満足できるもの。
しかし、エロに至るまでの前置き段階が短めで
序盤もキャラ紹介+α程度しかなくボイスを飛ばさずに読んでも1時間ほどで終わる。
付き合う前に数回の関係を重ねる構成であり脈略もなくエロが始まる訳ではないのだが
それでもやはりキャラへの感情移入度は低い。

1シーンに2発射を徹底しているのは良いのだが
シーン毎のボリュームは他の抜きゲーと比較しても短めで
この2倍の長さがあってようやく満足できるかなというレベル。

原画は肉感的で抜きゲーとマッチしているものの塗りの方がやや不安定で
特に舌の描写が良くない。また液体表現もいまひとつ。

エロの数で押し切る系の作品と思いきやキャラ毎2ルート制なのもあって
想像よりもあっさりと終わり、エロとエロの合間にある日常シーンのボリュームの薄さが
全体の満足度を大幅に下げている。

2012年の作品と考えれば妥当かもしれないが
情感のあるエロなどは望めない。

初プレイ時にオープニングとエンディングを飛ばせない仕様は不満。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい345回くらい参照されています。