meroronさんの「彼岸花の咲く夜に 第二夜」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

個人的には07th作品で一番性癖を刺激された作品。人気キャラの話は人気となるだけの面白さが確かにあり、単体なら点数以上に好きな話はいくつかあった。 1・2夜の総評となります。


ローズガンズデイズの長い長い感想を書いてしばらくぶりになります。
本作、彼岸花の咲く夜にはローズガンズデイズのような身震いするような展開や、ひぐらしのようなホラー要素、うみねこのような複雑怪奇な要素もありません。

特筆すべきはやはりテーマ性でしょうか。ストーリーを通じて、テーマを提起する。
数年前はうみねこの反動と説教臭いという言葉を信じてしまって避けていましたが、こうしてプレイしてみると案外当たり前のことを言っているだけのように思えます。
また、うみねこと同様に魅力的なキャラクターもいます。
話が短いのでその真価を発揮しにくいのですが、その良さの片鱗を感じることは出来ました。
読後感が悪いと言われることも多いですが、私的に07th作品で最も心が温まる作品です。

一応1・2夜で綺麗に締められているんですけれども、続編も十分可能ですよねこれ……。
恐らく、とある事情でもう続編が出せないのでしょうけど、願わくばまた彼らと彼女らの物語が見たいなとも思います。




それでは以下、各話ごとの感想。
お気に入りじゃない話は短いかも……w





・めそめそさん
金森さんのはっちゃけ具合が面白かったですね。
序盤のつかみとしては申し分ないし、一話にして最も怪談らしいお話だったのではなかろうか。

ひぐらしからお馴染みの「相談」がテーマとなっているが、まぁ当然のことだよね……w
とはいえ、その後の話で相談しただけでは解決しないかもしれない、とも言われているので竜ちゃんの描くテーマってのは決めつけだけの一方通行ではない気もするんだよね。
その後のエピソードか、それ以降の作品で彼は反論を掲げてきたりするし、実は考え続けている作家なのだと思う。

話が逸れたが、外道なんだけどやっぱり金森さんが面白い()
あの「愛してるよ」の表情もとても良いんだよね。歪みきっているゲス野郎だ。



・心霊写真機
ありふれたような話の構成だしインパクト弱いかな。
ただ、最初で悪役っぽかった校長が実は優しいかもしれない老妖怪ってのは、なんか良かったな。



・お姫様の嘘
根強いファンがいる人気キャラ、楠木みどりちゃんが主役の回。
自分もこの話はかなり好きで、どうしようもないもどかしさとなんとも言えない読後感が印象的。

紅茶紳士は本気でみどりちゃんの事を思って嘘を見せているんだけれども、結果的にそれが良いのか悪いのかが分からない。
けれどもみどりちゃんは確かに救われていて、ベストではなくベター、バッドではなくビターというのが妙に現実的であった。
外から見るとみどりちゃんってホント「何なのこいつ……。」だし滑稽なんだけれども、彼女が頑張っているのは本当だしされているのは陰湿ないじめだから妙に愛おしくなっちゃうんだよね。
極めつけはあのアヘ顔ですよ。ローズガンズでは竜ちゃんの力量に限界を感じると書いたけれども、この表情はGJと言わざるを得ない。最高ですwww
なんだかんだで彼の描く絵ってこういう魅力があるから竜絵好きなファンは多いんだよなぁ……。

最も今後が見たいと思うキャラでした。
彼女の努力はいつか評価されるのか、滑稽なお姫様として蔑まれ続けるのか。
一応、その後のシナリオで見直されてきているとは言われているものの、それは嘘のままなのかどうか。
紅茶紳士と組み合わせは見続けたいけど、彼女の嘘は解けて欲しいと思うのもまたジレンマ。
一見、性格悪いように見える紅茶紳士だが、彼が嘘を見せることでみどりちゃんに努力を続けさせているのが優しさを感じさせる。
もし、その努力が本当に実を結ぶ時は2人が別れる時なのだろうが、そのシーンが見られないのが残念でならない。



・鎮守神さまの祠
さくたろう出したかっただけだろこれwww



・ハメルンのカスタネット
話作りは平凡なんだけれども、最後の最後でひかるくんがうさぎにされてうさぎ同士の同性交尾強要とかなにそれクッソ萌えるんですけど。
ガンバナさんいい趣味してるわ~。獣として発情し、雌化した♂うさぎのショタとかなにそれすごく美味しそう。
これもその後が見たい話でしたね~、その後と言っても18禁だけど。絶対これエロいってエロエロだって。



・とある少女の一日
これもインパクト弱いな。
良い話なのかもだけど、感情移入するまでに至れなかった……。



・ユートピア
本作において最も感心したお話。
ひたすらにいじめは無くすにはどうすればいいのかを考えており、それに立ち向かう榊由香里の逞しさが光る。
1話での相談に対する反論としてのエピソードでもあるし、本作を象徴する話でもあると思う。
また夕闇スミレのキャラクターも絶妙で、最初に出てきた大住玲子にはまんまと騙されました。
確かにいじめの快楽を与えるようなキャラクターであり、いやらしいんだけれどもキャラメイクの上手さが光る。

「イジメの快楽カラ、もう、誰モッ!!!もう逃れられないノ、誰モ誰モ。」

は本作屈指の印象に残る台詞だなぁ。
様々ないじめられっ子から見ることで、いじめの複雑さを描写しておりそれが単純な方法では解決しないことを表している。
そしてなにより、いじめが発生する原因を突き詰めたのが見どころである。
本作では夕闇スミレの涙によりいじめ中毒になった子供たちがいじめを起こしており、スミレが原因とされていますが、実はこれって単に妖怪のせいってわけでもないのでしょうね。
後々、妖怪は人間の影であり、人がいてこそ存在し得ると言われています。

つまりはスミレがいなかったからといってあのような現象がなかったかと言われれば、そんなことはないんですよきっと。
いじめの中毒になった子は止められない。またあの楽しさをと思って繰り返してしまう。
ゲームもたばこもお酒もなにもかも、みんなそう。
その最初の一撃となるいじめの被害者がいる限り、繰り返される。
だから極論、始まりのいじめを止めないかぎりいじめって防げないのかもしれません。

おとなになった今ならどうにでも出来そうと思ってしまうのですが、あの頃の精神年齢だとそれも難しいのです。
拡大してしまった中毒を止めるには、そう……。あのような不幸な事故が起こるしかない。

あれは残酷だけれども、ひとつの答えです。
そして最後まで屈しなかった由香里ちゃんが手にした唯一の奇跡であり、神様(ガンバナ)からのご褒美なのではないでしょうか。
二夜の「復讐のアザミ」とセットになっている話ですが、そちらではまた別の答えが用意されています。
このユートピアでは最後に無理やりな答えを出しましたが、問題提起編としては見事な出来だと思います。



・お月見会
のほほん会。特に記載するまでもないか…w



・十三階段の死神
紅茶姫とは正反対の、王道たる成長物語。
イザあやもまた人気CPのひとつであり、その人気の理由が頷けます。
この話もごくごく当然のことが言われていて、「難しく考えるより行動しろ!」に尽きる。
最後のジャージイザナミには吹き出しましたが、素直にいい話なんですよねこれ。
本作屈指の清涼剤ですね。

また、同じ2位としての紅茶紳士との対比も面白いです。
どちらも一人の女の子を導いていますがそのやり方は正反対だけど、同じ部分もある。
両者とも、何かに対して突き進むように誘導しているんですよね。

みどりちゃんには演劇を、あやちゃんには走ることを。
そのやり方は違うものの、努力するという点で2人は共通している。
紅茶姫と違って純粋に見てて微笑ましいのですが、毒を好むユーザーにとっては紅茶姫の方が愛おしく感じてしまう面もある……w




・鏡の世界へようこそ
さすがに暴君毬枝は笑う。
素直に読んでて面白かった。



・少年たちの肖像
変態教師再来。
申し訳ないけど笑った。
この学校の教師と死亡件数大丈夫かよwwww



・私の親友
良い話~なんだけれどもこれもまたありきたりでインパクトに欠ける。
智子ちゃんメガネ外したら美人すぎでしょ。



・復讐のアザミ
ユートピアにおける解答編としてのエピソード。
結局のところ、広がったいじめを止めるのは確固たる意思と暴力なのだ、と。
これもまたいじめの多面的な見方をしており、今回は被害者が加害者になった場合。
自制心がないとエスカレートしてゆき、歯止めが効かなくなる。だからこそ、それを律した由香里ちゃんが尊すぎる……。

けれども良いからこそ不満点も結構あったエピソードである。
吉川くんのいじめ描写が少ないから物語への没入感が低減されたことと、由香里の豹変っぷりがいまいちだったことか。
みどりちゃんのようなアヘ顔はいいんだけど、やはり由香里ちゃんのあの顔は迫力不足かな~と。
あとは、その後の掛け合いが絶対面白いからもっと見せてくださいってなったことですww
やっぱりこの妖怪姉妹関係のキャラクターがすっごく好きなんだよなー。
もっと見たかった……。



・彼岸花の咲く前に
もうちょっとボリュームやら捻りやらが欲しかったかな……。
最後の話にしてはちょっと物足りなさを感じざるを得なかった。




・総評
妖怪は出てきて非現実的かとおもいきや、結構真に迫る描写もある彼岸花。
短編集だから深くは入れないけれども、ユートピアや復讐のアザミのように問題提起を繰り返すような味わい深いお話もあるし、決して凡作ではないと思いました。


長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい206回くらい参照されています。