xianxianさんの「静寂に電気鋸」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

代償を払うかわりに異能力を行使できる島の学生たちが物語の同人ゲーム。シナリオやテキストに細かい粗はあるものの、勢いと実力のある声優陣の演技力で押し切っており、良作といえるでしょう。エロ無しですが残虐シーンはあり。
1周3時間ほどで、1周目は選択肢はあるもののエンドや流れ自体は固定。2周目以降に選択肢がやや増え、ギャグエンドとハッピーエンドに入ることができるようになります。
序盤が少し退屈というか、最近のライトノベルであるような馬鹿会話があるのですが、そこは少しテンポにかける感じがしました。
この作品、話自体は、「まあ面白かった」ですむライトノベルの読みきりみたいなものですが、声優の演技力や、演出、絵で魅力を増しています。特に、佐藤利奈の演技力と出番が圧巻でした。
少し勿体無いのは、1周目は鬱エンドで。それなりの出来なのですが、2周目から、すぐにハッピーエンドに入ることができるために、もりあがりにかけます。
そして、あっさりエンドに突入するため、せっかく多数のキャラを出しながら、全活用したとはいえないところでしょう。
ハッピーエンドにいくまでに、誰かは幸せになるが、誰かは不幸せになる欝エンドを数回いれたほうが、ゲーム性として選択肢がいきたと思います。
そういう仕掛けをいれたほうが、ユーザーもなんとかオール・ハッピーエンドにたどり着こうと奮起し、より思い入れができたと思います。
また、そうすることで、小説などではできないゲーム性をとりこんだストーリーの見せ方もできたのではないかと思います。
ただし、同人にそこまでの分量を求めるのは要求が高すぎるでしょう。
ハッピーエンド後の世界で続編を作れなくもないので、作中のメインヒロインを今回のサブキャラにした展開もできるかもしれません。
個人的には、サブキャラもいろいろ重い設定や思いをかかえていそうなので、スポットを当てた話がみたいと思います。
 
一度エンドをむかえることでギャラリーがひらきます。38枠(74枚)のCG。
システムは、少し使いにくいところもありました。音量や音声をもう少し調整したかったです。また、前の選択肢にもどるシステムはあるのに既読スキップがないのは少し使いにくいと思いました。(Ctrl押しでスキップしましたけど)
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい492回くらい参照されています。