明星さんの「フォークロア ~本当はエッチなメルヘンの世界~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

超空間が贈るエロゲ版世界名作劇場。一国の幼い王子が「夢の国」を求め世界を旅するというもので、全十章構成。それぞれの章で主人公たちが経験を積んだり、またパーティーが増えたりする。物語としては王道路線で、最初に出会った稀少種の少女「アル」と結ばれたのち自分の国へ帰ることになる。強者揃いの超空間では良作にカテゴライズされる作品だと思うし、個人的にはブランド抜きにしても割とお気に入り。
アルの設定である「稀少種」は身寄りがない・人々から命を狙われやすいというデメリットの裏付けとして使われており、稀少種そのものの掘り下げは作中では行っていない。
この点は特に意に介さないが、終盤にあるアルとの唯一のまともなHシーンが成長した後の姿というのは残念。
主人公フィルの飽くなき冒険心の裏に隠された鈍感さと、アルの台詞から見え隠れする乙女心のすれ違いも本作の見所だろう。

なお、「稀少種」は作中にはアルしか登場しない。
稀少種疑いのキャラクターは登場するが、正体が「性欲が旺盛すぎるので子供の姿に変身して閉じこもっていた」とは流石超空間であるw

Hシーンは期待しないほうが吉だろう。
意外とシチュエーションは多種だがテキストが非常にあっさり風味だ。
本作や「匣の中の悦楽2」の塗りはアニメ塗りながら光沢を抑えており好みだが、HCGではややのっぺりした印象を受けた。

UIは「匣の中の悦楽2」と同じ。
ボイスが終わるまでクリックできない仕様だと思われるが、本作はボイス無しなので無関係。
既読スキップもないが一本道なので無関係、と作品の仕様で救われている感が強い。
一応セーブスロットは無制限、ディスクレス可。
「ハヤシ迷作劇場」とか好きな人にはおすすめです。

以上
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい73回くらい参照されています。