haltarfさんの「エヴォリミット」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

進化というのは個体群内での遺伝子頻度の変化であって、個体の能力が向上することではない(あんまりやったことないけれどポケモンの進化って非教育的で反感を覚える)。と、かなり「進化」という単語の使われ方に抵抗を覚える自分でも楽しめた。
序盤は科学的に突っ込みどころがあるが、中盤以降には気にならなくなる程度の面白さがあった。生物学的に進化がどういう意味なのか、とかいう細かい話はこの際おいておくとして。。。

 ラストは「あやかしびと」をプレイ済みの人にとっては予想通りといった感じだろうが、それでもシナリオに引き込ませる力は十分にあったし楽しめた。逆に肯定的に表現すれば期待を裏切らない東出的な中二の安定感が抜群である。

 「BB」では壮大な背景が用意されながらこぢんまりとした展開で終わってしまったり、十貴竜にはモブきゃらが多くてあからさまな捨てキャラがいてしょぼかったり、というところがあったが、今作に関しては壮大な設定を存分に活かしていると思う。中二キャラ活劇という観点ではほとんど不満がない。強いてあげるとすればアクアさんがリーティアルートや雫ルートの最後で全く役に立たない空気と化してしまったことくらいだろうか。

 「BB」と「あやかしびと」では不要なえろシーンがシナリオを崩してしまっているところが悪印象だったが、今作についてはそのようなシーンがなかったのがよかった。個人的にはこのポイントが大きかったのかもしれない。

 総じて不満がほとんどない、目立たない面白いゲームだった。

 ところで雫ルート一番最後の選択肢は必要なのだろうか?選択肢が与えられた時点でそれぞれの結末がどうなるかは明らかである。明確なエンディングを描いて欲しいという人にとってはよいかもしれないが、自分としては解釈の余地のある、余韻のあるエンディングの方が好みである。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1219回くらい参照されています。