houtengagekiさんの「恋色空模様」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

萌えゲーというものは、キャラの個性を生かしたかけあいで楽しく読ませてくれることが大事だと思いますが、この作品はそのあたりはしっかりしてるので、わりと楽しくプレイできました。ただ、いくらなんでも共通が長すぎると思います。もっとコンパクトにまとめることもできたのでは? あとぶっちゃけ子供の正義が押し通されるストーリーだから歳くってると感情移入しづらいゲームなんじゃないかなあ、とか思いました。
 テキストは、やや無駄が多いかなとは思いますが、すんなり進めていける読みやすい感じ。
まあ片恋いの月同様、会話文が多めで地の文が少なめだから…
っていうか地の文ほぼ無いも同然だよね、これ。そりゃ読みやすいのも当たり前ですね。
メッセージウィンドウが喋るキャラに合わせて配置される仕様のおかげもあり、
普通のエロゲがラノベだとしたら、これはまさに漫画を読んでいる感覚。
それが悪いと言いたいのではなく、読みやすさを重視してこういうふうに文章を割り切ってくれるのは
ユーザーフレンドリーでいいなと思います。

 多数のキャラが入り乱れるノリのいい会話シーンは相変わらずしっかり描けており
学園生活の楽しさは存分に味わわせてくれますから、やっていて楽しい気分になれますね。
男女ともにキャラクターは個性的だし、微エロなイベントも発生したりと、実に楽しい。
ヒロインたちは何かにつけて主人公をちやほやしてくれるので、
主人公に感情移入できていれば、いい気分になることもできるでしょう。

 ただ、その主人公に感情移入しにくいのが残念だった。
頭がよく回るためいいアイデアを考えついて周りを感心させることが多いし、
家事が得意で性格も献身的、と
表層だけ見れば頼もしくて好感の持てる少年のはずなんですが…

 いろいろ理由を考えてみましたが、学生らしい未熟さが感じられないのが
大きいのかもしれません。
よく考えたら、この主人公、最初から人間として完成されすぎてて、
作中で精神的な成長を見せてくれることがほとんどないんですね。
せいぜい妹に対しての接し方について思春期らしい悩みを見せてくれるぐらいで。
ちょっと都合が良すぎるキャラクターに思えてしまう。

性格やキャラ付けにも難はありまして、
・自分の正義の基準から外れた相手に対しては、その立場に立って考えようとしない
・冷静だったと思ったら突然感情をあらわにしたり、なんか感情の動きに自然さが見られない
・キャラ付けをしようと意識しすぎたのか、変な口癖を頻繁に口走るが、スベってる
(ド畜生ド畜生ってヴァニラアイスですかあんたは)

 というあたりが自分としては鼻についたのですが、
主人公の考え方が基本的に青くさいのに、頭がいいため、それで全編押し切ってしまうから
何か納得のいかない気がしてしまうのでしょう、これはプレイヤーの年齢の問題もあるかもしれませんが。

 しかし、それよりも何よりも鼻についたのは…
主に序盤、主人公がヨイショされすぎてること。
ちやほやされるというのは前述しましたが、明らかに過剰だと感じました。
一番あからさまだったのが、体育祭のイベントですかね。
あそこは主人公が負けた方が綺麗な展開になったはずなんですよねー
さすがに都合のいい結果すぎると思うんだ。
運動ができなくて腐ってた奴が、精一杯頑張ることを決意して、自分なりに全力を出そうっていう、
その心意気の芽生えた姿がカッコいいって思わされる、実に良いイベントだったっていうのに…
そこで勝てるはずのない相手に勝っちゃったら台無しでしょう…
あれで一気に感情移入できなくなっちゃったなあと思います。
いくらハンデあったからって、やる気出したというだけで、
凡人が普段から努力してる人に真っ向から勝っちゃうなんて、そんな…ねぇ…
さすがに主人公をカッコよく見せる意図が、悪い意味でのご都合主義として現れすぎです。
主人公が成長を見せてくれていない、と感じられてしまう原因の一端ではないかと思います。

 例えば負けたとして、悔しさと爽やかさを主人公の心理描写として表現してくれれば
もっと納得しやすく感動できる展開になっただろうと思うんですよ。
ちゃんと頑張ったからこそ悔しいと感じられるんだー、みたいな。ベタだけど。
妹だって、主人公が一生懸命頑張る姿を見たいから焚きつけてたんであって
勝つ姿を見たいわけじゃないって、直前に言ってたじゃないですか。
頑張ったけど負けてしまった主人公に、悪態をつきつつも
頑張ったことを認めて気遣ったりしてくれるツンデレ妹の姿とか
そういうのを期待してたので、その意味でも残念だったし。

まあ罰ゲームのバニー姿が見れたのは嬉しかったんだけど…

 とまあ、長くなりましたが、このように本人の責任でないことまで重なり、
いちいち主人公が鼻についてしまう。
気にならなければ最後まで楽しく読める作品だと思いますが、
いったん気になってしまったら最後、この主人公とずっと付き合っていかなければいけないというのは
なかなかつらいところでした。

 どっちかというと、有馬、岡田、教頭先生などの大人キャラクターのほうが
人間としての深みや味があって、見ごたえのあるキャラクターでしたよ。
まあ、敵キャラの方が魅力的だったりするのは、この作品に限らず、ままあることですけども。


 物語としては、前半の楽しい日常から、中盤にさしかかるにつれてシリアスになり、
後半にはなかなかの盛り上がりを見せて引き込んでくれます。
シリアスになってしばらくの間はイマイチ引き込まれるものがありませんが、
しばらくすれば、ピンチとそれを打開する流れによる気持ち良さを
バランスよく織り込んだ展開になり、また日常に負けず劣らず面白くなっていく。
そんな感じの、このゲームの内容の半分以上を占めていると思われる廃校騒動のパート、
主人公と仲間たちの立ち回りと、敵である有馬との駆け引き中心の争いによって
緊迫感のある盛り上がりを見せてくれて、物語としてなかなか質が高いです。
理不尽な大人の論理によって次々に襲い来る危機を
みんなで力をあわせて乗り越えていくあたりは
ぼくらの七日間戦争とかに通じるカタルシスを追求したのかなー
とか思いつつ興味深く読んでいましたが、

でも正直長すぎる。さすがに延々と引っ張りすぎて途中で飽きます。
騒動を通して特定のヒロインと恋愛関係に発展していくのは、かなり後半ですし…

 だいたい、この部分が丸ごと無くなっても、この作品って成り立つんですよね。
ヒロインの魅力は、平凡な日常シーンのかけあいの楽しさで充分に引き出されていますし、
終盤の個別恋愛ルートもしっかりとヒロインを掘り下げてあり、物語として良質に仕上がっていることを考えれば、
廃校騒動はそぎ落としても、もしくはコンパクトにまとめても良かったのではないかと思います。
その方がタイトルにふさわしい内容の作品に仕上がったと思いますし、
何よりこんな無駄に長すぎるゲームになることもなかったはず…


 なんか文句ばかり言ってしまいましたが、
楽しかったけど何だか惜しいなあ、と思った部分が多かったということです。
片恋いの月と比べても、物語としてはまとまっていますし、
作品としての質は間違いなく平均点を上回っていると思いますが、
主人公が魅力に欠ける上に、こうも無駄が多いつくりだと、やってて疲れてしまう。
これだと個人的には次を買うのは躊躇してしまいますね。



 エロシーンに関しては、どうやらヒロインに包茎の皮を剥かせることにこだわりがある様子。
他のメーカーではあまり見ないフェチだが、ちょっと屈辱的で良かったかもw
あと聖良は勝気な性格ゆえにHでも勝負に持ち込んでくるため、バトルファック的なことを
していましたが、これもなかなかナイス。
男を射精させて勝ち誇る女の子というのはいいものです。
まあ描写的には大人しくて、M的な興奮ができるものではありませんでしたが、
FDでも出るなら、この辺を生かして徹底的にBFをする話を作りこんでくれたら嬉しいな
というのは完全に個人的な性癖の好みです、すいません。

全体的には、各キャラに充分なシーン数があり、好感が持てました。



※ここから余談ですー

なんというか、どうせサブキャラなんだから久志と優喜くっつけてやってもいいと思うが…
少しはサブ男キャラも報われていいと思うんですがね。頑張ったんだし。
でもそういうのって最近は叩かれるんだっけ。
まあ片恋いえくすとらの件もあるし、あれで叩かれてメーカーさんがユーザーの声に
敏感になっちゃったせいもありそうですね。
久志…不憫な男だ…

それともFDでくっついてくれるかなあ。
正直主人公よりも久志の方が等身大の少年っていう感じで感情移入しやすいから
彼にも幸せになって欲しいです。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

houtengagekiさんの「恋色空模様」の感想へのレス

初めまして。

>>なんというか、どうせサブキャラなんだから久志と優喜くっつけてやってもいいと思うが…
少しはサブ男キャラも報われていいと思うんですがね。頑張ったんだし。
でもそういうのって最近は叩かれるんだっけ。
まあ片恋いえくすとらの件もあるし、あれで叩かれてメーカーさんがユーザーの声に
敏感になっちゃったせいもありそうですね。
久志…不憫な男だ…

最近のゲームでは見かけることも少なくなりましたが、昔のこういう恋愛ゲームって主人公=プレイヤーみたいな概念があったように思えます。私は本作が緑茶作品初で片恋いの月関連には疎いのですが、そういう傾向にあったのではないでしょうか?
本作の主人公は高スペックでユーザーからしたら感情移入するプレイヤーキャラクターってよりかは本作のメインキャラクター、コンシューマーRPGの主人公みたいに目立っていたように思います。そういった意味では許容できる人も居るんじゃないかなー、なんて個人的には思ったりなんか。結局はうまい書き方をすれば批判も少ないんでしょうが、そううまくはいきませんよね……。

>>久志が幸せになって欲しい。
激しく同意します。もちろん他のサブキャラ(男女問わず)もですが。
個人的にはFDでもう一度誠悟VS有馬を見たいものですが、そんな私は少数派なんでしょうね。

長文、乱文失礼しました。
2010年04月17日07時08分14秒
>erubainさん
はじめまして、レスありがとうございます~

自分の個人的な印象ではありますが、今でも主人公に自分を投影して
楽しまれるユーザーさんは多いように思えますし、サブとはいえ女性キャラを
おいそれと主人公以外のキャラとくっつけることはできないのかもしれませんね。
おっしゃる通り、これだけしっかり個性の目立つ主人公なら、一歩引いた目で見ることで
そういう展開も許容出来る人も多そうには思えますが、
それでもどうしても快く思わないユーザーさんは出てきてしまうでしょうし、
メーカーとしてはその辺は考慮する必要があるのでしょう。
少なくとも誠悟が確固として主人公の位置にある本編中では。

それでも、この作品は男女ともにサブキャラクターも魅力的だっただけに、
久志をはじめ、脇を彩った彼らがメインとなる展開も見てみたいものですね。
まあ、本編で難しいならFDで、という手があるので、そっちに期待ですね。
多くは言えませんが、このメーカーならFDが出ればその辺に期待できるかな、と思ってます。
過去のFDではサブキャラクターをしっかり掘り下げてくれていましたから。

誠悟と有馬の頭脳戦も、なかなかに手に汗握る内容で、この作品の魅力の一つではありましたし
FDが出れば、またちょっとしたバトルはやってくれるんじゃないでしょうか。
自分もそれは見てみたいと思います。
このレビュー中では批判の対象にしちゃってますが、あの二人の立ち合い自体は
自分もかなり楽しんで読みましたのでw
2010年04月17日18時45分33秒

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1448回くらい参照されています。

このコメントは2人の方に投票されています。