bichigusoさんの「ワルキューレロマンツェ ~少女騎士物語~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

問題ない個別ルートとダメな個別ルートで半々。それでも全体的に見て『プリラバ』より良い。
絵・エロが目的だったので16:9で作って欲しかった。
おしっこ属性はないがそれはHシーンの一部分に過ぎないので問題はない。(そもそも嫌いというより何も感じないだけ)
しかしキスシーンだけで1枠取ってしまう。
そんなものはWINTERSにやらせておけばいい。
前作で一番(というか唯一)評価しているのがエロシーンなので、全員本番6回と減らされたのは大変不満。
引き続き風呂場Hで声に余計なエフェクトをかけなかったのは大歓迎。
特に本作は全員そのシーンがあるので、もしやっていたら-20点はしていた。

■リサ
序盤、主人公にだけ突っかかっていた理由が不明のまま。
過去に因縁でもあるのかと思ったが何もなし。

主人公が昔騎士だったから何だというのだろう?
前の日に初Hした恋人のことだぞ。
怪我が原因で辞めたと聞いたら、同じ騎士として辛かっただろうな悔しかっただろうなって気持ちにまずならないか?
真実を知るのが恐ろしいというズレた考えに激しく違和感。
一旦溝を作るために無理矢理問題にしたという感じ。
そうでもなければ、怪我するような下手な騎士をベグライター&恋人にして後悔しているというとんでもない打算的な自己中女になりますよ。
言ってなかった主人公の方が悪いという話の流れに不満。

リサが一人でもやれるということを証明するための試合でフィオナがサポートに付くという矛盾を誰も指摘しないのは変。
「結局勝負は無効となった。あんなアクシデントがあれば、当然だろう。」だって。
ジョストというスポーツのことは全く知らないが、やれ騎士道だ勝負勝負と言っておいて怪我人が出たから無効試合ってヌルすぎない?
公式試合ではないから続行は無理としてもその時点で勝敗は付けられる。
両者落馬で2-1となり2本先取した玲奈の勝ち、もしくは続行不能になった玲奈の棄権負け。
ここでもまた話の都合で引き分け扱いに操作されて萎える。

自分を利用するために近づいたんだろうというリサに対して、スィーリアにもベグライターとして誘われていたのにリサを選んだことを言えない主人公の頭の悪さにも失望。
どっちに付いた方が有利かなんて誰でもわかる。
これ以上の説得力はない。
言い訳になるとか格好悪いとか理由付けて正当性を主張しない主人公は割といるが、自分の身を護れない奴は格好よくないぞ。
リサ「もう一度私のベグライターになってくれますか?」じゃねーよ。
道具として見てるのはお前の方だろう。
謝罪も反省も足りない。

そしてもう一つ足りないのは、フィオナと気が合うというわけでもなさそうなのに強制っぽく友達付き合いを続けていた理由。
脅えている描写から弱みでも握られているのかと思っていたが別に何もない。
学園で出来た初めての友達を失いたくないから我慢している、という依存であればハブられていたり孤立して寂しがっている姿を描写しなければ不足。
結局、リサは最初から友達だと思っていたということだが、フィオナに強く出られなかった態度と噛み合わない。

勝ってフィオナも救うという偽善的なゴールを設定された時点でもうこのルートは面白くなる余地はなかったが、スポ根というコンセプトには沿えばそうなるのはやむなし。
文句を言うのは筋違いになるだろう。
リサルートは酷かったの一言だが、そもそも一番詰まらなさそうなキャラを先に片付けようとして選んだのでダメージは少ない。

フォオナがレイプされるシーンでもあればてのひら返しをしたかもしれない。
フィオナの目的は、リサに恨みがあって友達面しながら孤立するように仕向けているのかと思っていた。
何が何でも優勝するという目的と、一人で戦うことが最上だという信念はむしろ相反する。
勝つために有利になるなら優秀なベグライターを(雑用系スキル目的だとしても)従える方がいいに決まっている。
美桜ルートで判明する、優勝しなければならない本当の理由を知ればなおさらフォオナの行動がブレているように思える。
リサに負けて逆恨みすらあり得た。

余談になるが、トーナメント本選がシード無しの6回戦試合なので64人、予選は4人1組のリーグ戦で2人勝ち抜けだから総勢128人参加の大会となる。
3学年で128人だから1学年で42-43人。
この騎士科の人数を多いと見るか少ないと見るか。

■ノエル
共通ルートで一番好みだったキャラ。
但し作品全体で見れば重要性は低いだろうと考えて2番目に攻略。
ノエル自身は何も問題ないし、もれなくミレイユもついてくるお得物件。
政略結婚のくだりはありがち過ぎて何も言うことはない。
決勝戦で、怪我している馬に無理をさせるのは他のアクシデントで代替出来なかったのか。
落馬狙いは基本にして王道で邪道ではない(つまりよくあること)らしいが、ノエルが落ちたとき皆心配しすぎだとは思った。
まあ落ち方がマズそうに見えたのかもしれんけど。
ジョストのトップスピードがわからないので競馬で落ちたとき程の危険性があるのか不明だが、落馬を狙うのが正攻法だというのは恐ろしいと思う。
父親が急に改心して応援にくる展開は話が早くて助かる。
そこにドラマを求めてないので。
総合してこのルートは悪くなかった。
リサルートの尻ぬぐいを果たして、作品評価は中庸の状態に戻った。

■スィーリア
えっと、水着姿のHは…?
ないなら何のためのミスコンだったんだ!
ひょっとこフェラがあったのでこの件はプラマイゼロということにする。
もう本作がどういうものかわかっているし胸糞もなかったので、ストーリー的には期待通り。(あまりポジティブな意味ではないが)
スィーリアは髪型が鬱陶しくてあまり好きな外見ではなかったが、中身は厭味が無いキャラで好印象。
ウブなお嬢様をセックスの虜にしていく愉しみがあった。

■美桜
髪を切ってヒロイン力が消えた。
立ち絵で見るとサブキャラと勘違いしてしまいそう。
ミアータと激戦の末に勝利、その後の試合で負けるくらいの成績を想定していたが、優勝はさすがにやり過ぎに思う。
スィーリアが学内最強であるというパワーバランスのお陰で辛うじて作品としてのまとまりを保てていたのが、美桜のせいで根本からぶち壊されてしまうことに。
実は大層な代物である鎧や馬と意思疎通出来ることなど、勝負で活かされると思った要素も使われていなかった。
優勝後にジョストを辞めてしまうのも、美桜が戦った相手は主人公を騎士に復帰させるための踏み台に過ぎなかった印象が残る。
最後に主人公が転校する意味も全くわからない。
室内練習場があると言っていたが、マジで理由それだけ?
一度行ったら少なくとも数年は帰ってこれない……はずが一年で戻ってくる。
美桜の両親には結局付き合っている報告をしていない。
元々話に期待はしていなかったがそれを更に下回り、Aヒロインのルートとしては雑と言わざるを得ない。
全てのルートで言えることだが、ジェイムスに鎧の代金をちゃんと支払ったのか?
そのためにバイトを増やすって話があったのにそれっきり特に熱心に働いてる様子もない。
返却したからタダでいいよねってなってそうではあるが、それならそれで一文説明入れておくべき。
最後は個人的な好みの話になるが、本作の車の人はNGギリギリライン。
甘えた囁き声出されると虫唾が走る。

bichigusoさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ