sweetsさんの「BALDR SKY Dive2 ”RECORDARE”」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

2009年度のトップ作はこれに決定しました ※ラスボスがどうしても倒せない人向けに攻略法を追記しておきました
※追記:Very Easyでもラスボス強すぎ!クソゲ!って人が意外と多いですね
とてもいいゲームなので、詰んでしまうのは勿体無く思ったので
ラスボスがどうしても倒せない人は本記事の一番下に誰でも倒せるネタバレ攻略法を置いときます
参考にしてみてください



今年はオーソドックスな学園ものから、歴史をモチーフにしたもの、ミステリーなど
面白いタイトルが多く、満足度が高いゲームを堪能出来た一年だったと思う

そんな名作揃いの中でも、このBALDR SKY Dive1+2は今年一番のタイトルかもしれない
戯画のソフト一覧を見直してみると、パルフェ・こんにゃくと続いた2005-6年に比べて
光るタイトルが殆ど無かった2007-8年の低迷っぷりが重かったのに対し
本作の丁度一年前にリリースされた、さかあがりハリケーン(名作では無いけど良作)と共に
BALDRの前後2作の評価も高く、戯画の復調ぶりが目立つ一年だったとも言える

BALDR BULLET REVELLIONでスベった本シリーズも完全に復活
今後のシリーズ展開も気になってしまうくらい、いい作品だった

●シナリオ30/30
Dive1、Dive2は前編・後編と言うよりも、二本でひとつのタイトルって感じ
ストーリーも先の読めない展開が続いて退屈せず、プロットの面白さを堪能出来るし
両ソフトの、全てのルートにしっかりとした話の流れがあり、話に没頭出来る
かつDive2の最後のルートでしっかりと話が纏められていて、読後感も非常に良い

深遠なテーマ性云々をウリにした考えさせられるタイトルと言うよりも
泣きたい所で泣け、怒りたい所で怒れ、悲しい時には悲しい気持ちにさせてくれる
しっかりと作られたエンターテイメントな感じが非常に好感触

■面白すぎて、先が読みたくて、久しぶりに徹夜しました
物語の面白さはどんでん返しや読者をいい意味で裏切る所にあると思うけど
それをやりすぎると、単についていけないイミフなストーリーになる

本作は設定が複雑な分、やりすぎれば幾らでもやれてしまう所を丁寧に作っていて
そこら辺の按配も非常に良く、先が見たくて見たくて、結果徹夜をする始末

特に「これからのルートが最終ルートでしょうな」、と感じたルートに入ってからは
主人公の疑問がプレイヤー自身の疑問と上手くリンクしてしまう
で、置いてきぼり寸前になりそうでならない所辺りで、ストーリーの導入が見えてくる
こういった上手く期待を裏切られたなぁと思う所も非常に多くて、楽しかった

また、オマケ(?)の妄想ファイルも笑いありで面白い
こういうちょっとしたオマケは(エロの有無を問わず)やっぱり嬉しいっすな

■それでも敢えて気になったところを挙げるとすれば
共通ルート部分では、とあるルートのレインは主人公の事を「甲さん」と呼ばずに
「中尉」と呼ぶべき所を、そのまま「甲さん」と呼ぶ箇所があったりして
物語の展開中、相手の呼称に関する小話も幾つか出てくるだけに、少々気になった

が、全体の満足度が高かった分、減点なしって感じ

●システム20/20
ベースのシステムはいつものいたれりつくせりの戯画おなじみのシステムで◎
ゲームの内容自体もやり込めるアクションゲーム
「エロゲ会社だけどとりあえずゲーム作ってみました」的なキモさも皆無で超面白い
と言うかTGLだから元々PC-98の頃から一般向けにファーランドストーリーと言う
立派なRPGを作っていたメーカーなだけに、ゲームはお手のものって感じなのかも

特に適当にボタンを押してるつもりが、偶然コンボを生み出してド派手に決まる時や
自分でそれなりに考えた長いコンボを上手くきめられた時の爽快感は相当のもの
私はPCだとFPSかRPGくらいしかやらないので、アクションは少々苦手意識があったけど
ヘタなりにも楽しめる、丁度良いバランス、ゲーム性だった

ただ、Dive2では、Dive1と比べ、話の間に起こる戦闘が多くなっていたり
デフォルトの難易度だと相当難しく感じてしまう部分も幾つかある

と言うよりも、雑魚敵はさほど強くなく、さっさと倒してしまえる程度
フラグに関わりそうな所の敵が、それと比べて非常に強かったりするので
ストーリーを中心に読み進めたい人は素直にEasyに下げた方が遊びやすくなると思う
個人的には初回プレイ時ではNormalを中心に、詰ればEasyに下げるプレイをオススメ

あと、本作はメモリばか食いタイトルなので2Gくらい積んだPCで遊ぶ方が良い
1GのPCだと、恐らくメモリ不足で時々不安定になったりする

●グラフィック20/20
キャラCG、立ち絵、背景、どれも非常に綺麗で満足

●サウンド・他演出20/20
音楽はどれも良いと言うか、BGMもかっこよくて○
演出は本作の見所と言うか、細かい所まで凝っていて凄い

●主観的な評価10/10
2009年度のトップ作はこれに決定しました









※以下誰でも倒せるラスボス攻略法(超ネタバレにつき)














Very Easyでもラスボスが倒せない!という人が結構多いように見受けられます
私の勝手な予想ですが、そういう人は遠距離攻撃を中心にしてませんか?

本作のラスボスは遠距離攻撃が非常に強いため
遠距離VS遠距離だと非常に不利になるように作られているよう感じます
私も遠距離VS遠距離で戦っていて、積みそうになりました

で、ためしに近距離攻撃を試してみてください
パンチ、キック、刀系の装備で適当にボスの間合いに入ってひたすらZXCを連打するだけです
遠距離攻撃は非常に強く、またガシガシ攻撃してくるラスボスですが
Very Easyだと拍子抜けするほど近距離攻撃にゆるく、ひたすら殴らせてもらえますw

近距離攻撃は慣れてなくて・・・という人も以下のパターンで確実に倒せます
1、とりあえずサーチダッシュ(Vキー)を戦闘開始直後に押してみる
2、ボスの近くまでダッシュしていくので、そばに近づいたらZXCをやみくもに押してみる
3、ボスが離れそうになったら再度Vキーでサーチダッシュしてみる
4、ボスが何か攻撃してきても完全に無視、ボスの攻撃に驚いて逃げちゃダメです
5、以下1~4のループで確実に倒せます

どうしても倒せなく積んだ、と言う方は参考にどうぞ
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい4862回くらい参照されています。